【生物】蚊は外してもいいからよく狙え…攻撃した人を匂いで覚え近づかなくなる

1ごまカンパチ ★2018-02-26 16:27:42

hhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180226-00000502-san-sctch

あなたは蚊をたたき潰すのが得意だろうか。苦手でも結構。外してもいいから、よく狙うことが大事だそうだ。

デング熱やジカ熱などの感染症を媒介するネッタイシマカが、攻撃されたときの匂いを覚えていることを、

米ワシントン大のジェフリー・リッフェル准教授らが実験で明らかにし、論文が米専門誌カレントバイオロジーに掲載された。

■特定人物を認識

研究チームは、試験管の内容物を撹拌(かくはん)するのに使われるミキサーで、パチンと手をたたいて攻撃されたときに似た刺激を

雌の蚊に与え、同時に特定の人や、ラット、ニワトリの匂いにさらすという学習実験を行った。

その後に、匂いに対しての反応を調べると、本来は引きつけられるはずの人やラットの匂いに近づかなくなった。

一方、ニワトリに対しては影響がみられなかった。

さらに、蚊の脳で起きている生理現象についても探った。ミツバチから人間まで幅広い動物において、

記憶は脳内の神経伝達物質ドーパミンが関わっていることが知られている。

チームは、薬剤の投与などでドーパミンをとらえる受容体というタンパク質が作れないように操作した場合は、

学習前後での匂いへの反応の差が小さくなることを突き止めた。

このことから蚊は攻撃されたときの匂いを覚えて危険から身を守っているとみられる。

■効果は虫除けスプレーに匹敵

蚊が忌避する成分として、第二次世界大戦末期に米国農務省の研究者が開発した化学物質のディートが

70年以上にわたって使われている。しかし最近では、ディートが効かない蚊が現れているという報告もあり、

同じ薬剤を使い続けることによる耐性獲得が懸念される。

ワシントン大の研究チームの実験で、強く学習効果に関係する成分は、ニワトリが持たず、哺乳類の頭部で多く分泌される

「オクテノール」だった。この成分で学習させたところ、24時間後の忌避反応は、40%濃度のディートに匹敵した。

既存の虫除け剤に代わる、新たな忌避剤開発が期待される。

ただ、匂いは濃ければ濃いほど、記憶が強くなるというわけではなかった。また、ネッタイシマカ以外の蚊が匂いに対して

同様の記憶力を持つかどうかは今のところ不明だという。

■犬のように芸も

昆虫の脳は非常に小さいが、より高等な動物と同様に、生存において記憶を活用していることはよく知られている。

理化学研究所のチームは昨年9月、羽ばたきに応じて見える景色が変化する昆虫用のバーチャルリアリティー(VR)装置を

作成して、キイロショウジョウバエの脳の活動を観測し、ハエが実際にみている景色だけでなく数秒前に見た景色の記憶を使って

飛ぶ方向を決めていることを見つけ、科学誌に論文が掲載されている。

また、英ロンドン大クイーン・メアリー校の研究チームは、欧州原産で日本でも外来種として定着しているマルハナバチが持つ

さまざまな学習能力を明らかにしている。

昨年2月には、サッカーに似たゲームを作り、ゴールにボールを運べば褒美の砂糖水を与えるようにすることで、

まるで、犬に芸を仕込むようにハチを調教することに成功したという論文が米科学誌サイエンスに掲載された。

しかもゲームを覚えたハチは、仲間のハチにそのやり方を教えていた。

蚊は夏から秋に大発生するが、日本には地下鉄などで通年で活動するチカイエカもいる。

今度見つけたら、どうせ外すからと適当に追っ払うのではなく、真剣に“教育”してやってはいかが?

19名無しさん@1周年2018-02-26 16:32:21

>>1

それはない。

はずしてもいいからというが

耳元で羽音を感じて振り払っても

どこかにとまり、再び襲ってくる。

それが蚊だ。

22名無しさん@1周年2018-02-26 16:32:56

>>1

何周遅れのネタだ

101名無しさん@1周年2018-02-26 17:09:30

>>1

それはない

あいつらの執念はすごい

117名無しさん@1周年2018-02-26 17:17:23

>>1

いやいや、来るから

134名無しさん@1周年2018-02-26 17:41:29

集団で来ようが1匹たりとも生きて返さないから

>>1の説は真偽がよくわからんな〜

屋外でヤブ蚊に狙われた場合は中腰になって

じっと足元を注視する。そして足に蚊がとまった瞬間を見計らって叩く。

俺はこの方法で輝かしい戦果を上げている。

理由は不明だがほとんどの場合奴らはまず足から狙ってくるんだよな。

しかも一度とまると0.5秒ほどは動けない(再び飛び立てない)みたいなので

その間に叩けばOK。難点はズボンが汚れることくらいw

141名無しさん@1周年2018-02-26 17:51:06

>>1

嘘です    以上」

3名無しさん@1周年2018-02-26 16:29:17

嘘ついてんじゃねぇぞ!

143名無しさん@1周年2018-02-26 17:52:12

>>3

いや、本当。パンってやると近寄らなくなる。

8名無しさん@1周年2018-02-26 16:29:55

俺は叩くのでなく握り潰すな。

飛んでいる蚊を手でつかむのが得意だ。

83名無しさん@1周年2018-02-26 16:59:32

>>8

それってつぶしたと思って手のひら広げたら飛んでったりしない?

結構あるんだよなあ笑

57名無しさん@1周年2018-02-26 16:44:41

多少の犠牲を払ってでも倒さなきゃいけないよな

68名無しさん@1周年2018-02-26 16:48:31

季節になると枕元にキンチョール常備して気配感じたら適当に散布してるな

78名無しさん@1周年2018-02-26 16:55:49

>>68

ワンプッシュのやつよく効くよ

72名無しさん@1周年2018-02-26 16:50:50

ゴキブリも捕まえて脅す(コラー!!!ってやるらしいw)と、

仲間にあの家ヤバいと伝えて近寄らなくなるという話を聞いた事が

80名無しさん@1周年2018-02-26 16:57:05

>>72

ファンタジーとしては面白い。

だがありえへん!

81名無しさん@1周年2018-02-26 16:58:29

>>78

あれは激烈に効きすぎるので、

あまり売れると殺虫剤の会社は売上が下がるのでヤバイのだw

116名無しさん@1周年2018-02-26 17:16:36

>>78

あれ使うと頭痛くなるわ

112名無しさん@1周年2018-02-26 17:15:41

>>81

マジかー

93名無しさん@1周年2018-02-26 17:05:00

蚊は吸わせて確実に潰す

少しかゆくなるが部屋から消えてくれたほうが何倍もよい

94名無しさん@1周年2018-02-26 17:06:55

>>93

腹が膨れた蚊を潰すと

血がべっとりか。

100名無しさん@1周年2018-02-26 17:08:53

>>94

なんじゃこりゃぁ・・・

ってやればいい

118名無しさん@1周年2018-02-26 17:18:39

>>116

頭痛くはならないけど、風向き間違うとちょっとヤバ目な臭いがするな

183名無しさん@1周年2018-02-26 19:04:41

>>143

そのかわり夜にこっそり吸いに来るから余計厄介になる

156名無しさん@1周年2018-02-26 18:02:09

こんな嘘あかんやろ

158名無しさん@1周年2018-02-26 18:05:02

こんな学者必要ないし、この世から消えてホスィ

171名無しさん@1周年2018-02-26 18:32:31

普通に寝た後に刺されるけど

早朝に刺されるのが1番参る

178名無しさん@1周年2018-02-26 18:39:58

若い頃は蚊に刺されたら3,4日痒かったけど、最近翌日には腫れが引くようになった

痒みもすぐ収まるので、わざわざ夜起きてまで殺そうとも思わない

俺の不味い血でよけりゃくれてやる

219名無しさん@1周年2018-02-26 21:51:17

>>178

熱が出てそのうち首に腫れ物が出来てきてそれが痛む

数日経過しても直らないから病院へ行ったら

蚊が何かの伝染病を運んできて刺されたのが原因だとさ

極力刺されない方がいい

193名無しさん@1周年2018-02-26 19:59:46

これ

確かにこちらの攻撃が外れると一旦明後日の方向に飛んでいくんだよ

でも暫くするとまた戻ってくる

まるで鳩山・・・いや何でもない

198名無しさん@1周年2018-02-26 20:09:36

>>193 蚊に失礼だ!

197名無しさん@1周年2018-02-26 20:09:17

>>188

単に(蚊の体重の割りに)毒の量が多いんじゃね?

220名無しさん@1周年2018-02-26 21:52:54

>>219

追記

俺のことじゃないよー

家の近所の人なので適当に話し聞いてたから病名は知らない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする