釣竿のテクノロジー

1スミレジン2017-11-18 23:42:10

現代の釣り竿はカーボンロッドが主流ですが、

高弾性カーボン、低樹脂カーボン、4軸カーボン、ナノアロイカーボンなどなど様々な技術が使われていますが

実際どういう技術で何がどれくらい違うのか、釣果にどれくらい影響するのか、メリットは何か、デメリットは何かを明確に知っている釣り人って少ないと思います。

ブログなんかをみてもかなり適当な記述が多いですし。

メーカー側もあえて語らず感性的な表現で濁していると思います。

なんかすっきりしないのでスレ立てしました。

4名無し三平2017-11-19 00:32:38

こまけーこたーいいんだよ

5名無し三平2017-11-19 01:25:01

中古竿ばかり買っているが基本的に古いのは劣っているよ

8スミレジン2017-11-19 16:08:36

>>4

こまけーことを語って楽しむスレなんでそんな事言わずに

>>5

新しい竿と古い竿でどんな所が違いましたか?

その違いはどんな技術からくるものなんでしょうか?

それをメーカーやプロ、テスターではなくユーザー目線で議論できたら良いなと思います。

13名無し三平2017-11-20 17:14:06

ダイワの磯竿でVIP磯ってのがあったが今のトーナメントはそれに近いらしい

近いってことは若干劣るのか?何年前の竿だよ!

製法は進化してもカーボンのグレード差を超えるほどではないのだろうな

メーカーはごちゃごちゃとなんちゃら製法で〜とセールストークで釣り人を騙しているが結局素材なんだろうな

2152017-11-20 22:16:56

>>13

VIPは現行トーナメントに程遠い印象ですなあ

曲げたら曲がるけどもう少しパワーあってもって感じそれにしゃきしゃきしてないし持ち重りもする

ダイワの磯竿で古くても良いのはトーナメント制覇だなあ

どちらも中古で入手して手離したから無いけどね

>>8

技術は良く分からんですね同じ技術でも時代や値段でも変わる印象

例えばSVFカーボンってあるけど同じSVFでも時代で違う質感だしトーナメントもオレガもDXRも王牙もSVFだけど全然質感が違う

設計の違いは当然あるのだけど感触としては材質そのものの違いに感じるわけですよ

新しいのと古いもの違いは基本的な事だけど強い竿は重いし軽い竿は弱いですよね

あと磯竿だと操作性と釣り味って両立しにくい要素がある

高価な程、新しい程、両立させていますね

20名無し三平2017-11-20 21:19:00

一番感度が良くてばれにくいのは

グラスソリッドだと思う。

重いが。

23スミレジン2017-11-21 07:41:14

>>20

手元にブルブルとくる手感度と言う面で見れば穂先はカーボンチューブラーが一番になると思います。

あとははダイワのSMTやシマノエキサイトトップが手感度に特化した技術ですね。

ただ、手感度はラインからくる振動を減衰させる事なく穂先から手元まで伝達する事で感じられるものなのでブランクス自体も軽量で張りのあるものである必要があります。

穂先がピクピク動くような目感度と言う面ではグラスソリッドが良いと思います。ただ、グラスソリッドは目感度、食い込みは良好ですが、アワセの動作をかなり大きく入れないと掛からないのでスタイルや対象魚によっては使いにくいと感じるかもしれません。

上記二つの中間的な特性としてあるのがカーボンソリッドだと思います。

22スミレジン2017-11-21 07:23:30

>>21

SVFは要は低レジン技術ですから

基本のカーボンシートを軽量、高弾性率化、高感度化するもので

基本になるカーボンシートが変われば印象はガラリと変わるかと思われます。

初期のSVFは軽く、張りがあるけどやたらと簡単に折れてしまうと言う評価が多く、竿の扱いに長けた上級者向けの技術と言う印象でしたね。

だから90年代後半くらいまでは

ダイワはシマノに比べ軽く、高感度だけど折れやすいなんて言われがちでした。

29スミレジン2017-11-22 16:55:02

現在、素材としてのカーボン、炭素繊維強化樹脂を作っている所は日本の3社でシェアが7割程だそうです。

釣竿を作っているメーカーは

これらから炭素繊維強化樹脂のシートを購入し、自社工場で作るか、

もしくは設計は自社で行い、外注で工場に作製してもらう。

または工場で作製したブランクスを購入し、要求性能に合わせて組み合わせるなどして釣竿を作りあげます。

54名無し三平2017-11-25 01:49:36

>>29

残りの3割のメーカーってどこ?

シェアは少ないけど日本の3社より良い製品を作ってるメーカーってあったりする?

36名無し三平2017-11-23 02:33:08

カーボンそれ自体はほぼ劣化しないというのは本当か?水、紫外線、曲げ伸ばし、これらに依っても劣化の程度は誤差で、カーボンを固めているレジンこそが劣化するのだそうだ。

一つの竿を長く使っていると感度が落ちる、何かダルい、コシが抜けた気がする・・・・ これらはカーボンの劣化では無く、取り付けられたガイドが緩む事によるものだと一説に言われている。

41スミレジン2017-11-23 16:31:37

>>36

繊維自体も劣化しますが、その前にレジンの劣化、ガイドの接着の劣化の方が早いので気にするレベルではないって言うのが真実ではないですかね。

新品時には硬すぎて、ヘタってからが本来の調子になるなんて言われた磯竿もありましたし、何が正しいのか良くわかりませんね。

58スミレジン2017-11-25 08:16:09

>>54

7割りと言う数字も世界でのカーボンのシェアでして釣竿でのシェアは調べられないのでわかりません。

残り3割は沢山あるので検索をかければ出てきます。

良い製品とはどういうものでしょうか?

57名無し三平2017-11-25 08:03:18

>>53

釣り場の違い

62名無し三平2017-11-25 11:36:27

>>58

7割って釣り竿以外も含めてってことなんですね。

分野によってはシェアが変わってくるかも知れませんね。

軽量、高反発、高弾性、高感度なのに丈夫で粘る製品があれば良いなとは思う。

64スミレジン2017-11-25 20:50:07

>>62

釣り業界と言うか釣り竿業界と言うか

企業秘密が多いのかなかなか情報が出て来ないんですよね。

メーカーに「この技術はブランクスのどの部分に使われてますか?」と問い合わせても「公表してません。適材適所に使われています」で終わりですし

過去の技術の詳細を尋ねても対応する人自体が知らなかったり、理解していなかったり。

旧モデルと現行での変化や進化などを調べても詳細を記録している資料を見つけるのに一苦労です。

素材となるカーボンシートなんてどこを使っているかほとんどわからず、

ナノプラスカーボンやファインクリスタルカーボンなど希にでるカーボンメーカーの商品名から

どのメーカーを使っているか推測するしかないのが現状です。

67スミレジン2017-11-25 21:20:09

>>62

軽量、高反発、高弾性、高感度

高弾性、高弾性はまあほぼ同じなので>>49さんの言う3Kってヤツですね。

それ+粘り、丈夫さ。

釣竿、特に延べ竿(鮎や渓流)は昔から

ホソ、カル、ピンが良いとされてきました。

要は細く、軽く、ピンと張りのある竿

と、言うのも昔の竹竿の時代の鮎竿は7mで1キロ近くあり、手元の太さも5センチくらいあったそうです。

73スミレジン2017-11-25 22:37:01

そして時代は

>>62さんが求めるような軽量、高反発、高弾性率、高感度でありながら

粘りと丈夫さを兼ね備えた釣り竿を開発するようになります。

2001年から山形大学と東レが共同研究で新しい高分子ポリマーを研究していました。

従来、強度を出せばクッキーのようにボロっと割れてしまう。ゼリーのようにしなやかにすると固くは作れない。

張りと粘りはトレードオフの関係にあり、中途半端に作ればまあまあ硬いけどそこそこしなやか程度にしかなりませんでした。

ところがその高分子をナノレベルまで細かく均一に混ぜる事でクッキーのようにカチカチなのに力を加えてもボロっと割れずにゼリーのようにグニャリと曲がる素材が出来上がりました。

その技術の総称がナノアロイテクノロジーです。

77名無し三平2017-11-25 23:50:37

>>62

バランスポイントでいかに妥協するかってものでそういうのは幼稚だわ

72スミレジン2017-11-25 22:10:51

昔から釣り人が求めに求めた

ホソ、カル、ピンや3Kの竿でしたが、実現してしまうと、とにかく脆いと言う欠点が発覚して

「中弾性カーボン」や「グラスのしなやかさ」とか「竹竿の自然なしなり」なんてのが見直されたりして、なんだか皮肉だなあと思ってしまいます。

74スミレジン2017-11-25 22:49:57

ナノアロイテクノロジーをそのまま使っている訳ではないそうですが

技術を応用して出来たのが2007年頃からある、メガトップ(ダイワ)やタフテック(シマノ)やタフトップ(日新)、スーパートップ(がまかつ)などの超分散で張りと粘りを従来より高めたカーボンだそうです。

そしてここ数年はナノアロイテクノロジーをそのまま使ったブランクスも登場して、従来は不可能だった張りと粘りが高いレベルで兼ね備えた釣竿が出来るようになりました。

75名無し三平2017-11-25 23:09:08

>>74

超良スレ発見。sage進行で。

三菱や帝人はそれに準ずる技術は持ってなんですかね?オレが知らんだけ?

76名無し三平2017-11-25 23:48:07

新素材が色々開発されてるから将来はグラスからカーボンに変わったように何か凄い革新がありそうで楽しみ。

83名無し三平2017-11-26 14:11:57

鉄=スチール製の竿あったな〜

あれどこのメーカーだったっけ?

86名無し三平2017-11-26 20:16:56

>>83

2本で1000円、錆びないステンレス

ってやつか!

87名無し三平2017-11-26 21:31:32

>>86

それじゃない様な気がする。

鮎竿であったでよ〜( ´ー`)

91スミレジン2017-11-27 02:17:50

>>85

ダイワのメタルトップはチタン合金ですね。

112名無し三平2017-11-28 09:04:39

うんうん

125スミレジン2017-11-30 23:54:47

>>112

何気に貴方のレスは嬉しいです。

誰も読んでなかったら悲しいので

テーパー、調子の基礎知識ですが

釣り竿はそのセクション毎に受け持つ仕事があります

まずは釣竿の一番先の部分、穂先。ロッドで言えばティップと呼ばれるセクションです。

ここは魚のアタリをとる為、掛ける為のセクションです。

硬くすれば掛ける事や振動として得る手感度は良くなりますが、違和感を与えやすいので食い込みは悪くなります。柔らかくすれば目に見える感度、いわゆる目感度や食い込みは良くなります。

ぴんと張りながら、しなやかさも求められる。なおかつ折れやすいので

丈夫さも求められる、繊細さと豪胆さを求められる難しい部分です。

113名無し三平2017-11-28 14:49:57

このスレ的にマグナムクラフトはどうなん?

東レの最高級カーボンを使ってるらしいけど

119名無し三平2017-11-30 21:51:33

>>113

このスレっていうか一人でひたすら自演してるんじゃないかろうか

マグナムははっきり言ってカス

120名無し三平2017-11-30 22:46:54

>>119

マグナムちょっと興味あるのですがどの辺が悪いですか?

123名無し三平2017-11-30 23:12:47

>>120

逆にどの辺が気になりますか?

124名無し三平2017-11-30 23:36:06

どの辺が気になる?ブランクスの事ですか?

アカメ、ショアジギングシリーズです

高弾性メインで作られてるのでキャストフィールや曲がり、耐久性などなど

ブランクス単体の出来というか質みたいなものも気になりますね

129名無し三平2017-12-01 09:16:01

>>124

キャストフィールは素材特性通り

耐久性は24/35t系は問題なし、アカメスペシャルはフェルールがウィークポイントになってると思う

品質や加工精度はバラバラ、要は手に取ってみないと分からない

設計面の出来もバラバラ

126名無し三平2017-11-30 23:58:57

>>125

めっちゃ分かりやすくて楽しんで読ませてもらってまっせ〜。俺はずっと張り付いて書き込みが無いか待ってるw

130名無し三平2017-12-01 10:39:05

>>129

ありがとうございます。結構品質にばらつきがあるのですね。

購入者のブログでは褒めてる人が多かったので…。

35/40tのショアジギング系はどうでしょうか?

131名無し三平2017-12-01 12:23:04

>>130

35t系の9860-120は何の問題もないよ

ただ使用感として9890以外は極端なテーパーに好みが分かれるかと

品質は基本的に運要素として考えるしかないです。クレームも基本的には通らないから店舗で買う方が無難。

40t系アカメは基本的によく曲がるのでキャストフィール等は良いです、けど例えば40gmaxの竿を必要とするシチュエーションにはスロー過ぎるんじゃないかとか、60g/30lb.maxだけどズリ上げ用途には不安だなとか

ただそれが全てに当てはまるわけでもなく、レングスで違ったりもするので、要は適当に足し引きしてるだけなんだと思う

信用できるインプレはごく僅か。

ティップ/バット径とベンディング写真と重量を見て判断するのがいいです。

他にもあればロッドビルドスレへ

133名無し三平2017-12-01 12:57:49

>>131

詳しくありがとうございます!

スレの趣旨から外れてきているのでロッドビルディングスレに移動します!

137名無し三平2017-12-02 11:50:14

それぞれのセクションごとに、違うトン数のカーボンを使ったロッドもあるようだ。

ベリーは高弾性、バットは中弾性、 みたいなね。

138名無し三平2017-12-02 16:03:26

ティップからバットにかけてグラス、24tカーボン、35tカーボン、46tカーボンっ弾性が上がっていくやつとか

ボロンやチタンを入れたりカーボンテープやケブラーで補強しているものもあるよね。

140スミレジン2017-12-03 09:21:16

>>137

>>138

はい、弾性率の違うカーボン、またカーボンの繊維の方向、重ねる枚数、さらにグラスやボロン、ケプラーなどの異素材。無限にある組み合わせのなかから、対象魚、フィールド、釣り人のスタイルなどに合わせて設計するのがブランクス設計士です。

複雑な組み合わせで緻密な調子をだすか、同一素材でテーパーの設計で繊細な調子をだすか、

ブランクス設計士の哲学、考え方、色々なものが見えてきます。

177名無し三平2018-02-04 05:56:17

.

203名無し三平2018-05-15 05:04:39

だからロッド界隈は曖昧でファジーな言葉で占められてるんだろうね。

ロッドのトルク がその一例

257名無し三平2018-09-21 08:49:34

3ピースのロッドですが携帯性以外にメリットってありますでしょうか?。

シーバスロッドですが2ピースか3ピースで悩んでおります。

262スミレジン2018-09-24 20:31:39

>>257

携帯性以外のメリットとしては破損時の費用が安価で済む事くらいでしょうかね。

穂先破損で修理の場合、2ピースですと竿半分近い価格になりますが3ピースですとやや割安になります。

それ以外のメリットはなかなか思い付きません。

ただ、勝手な自分の妄想ですが2ピースと3ピースの竿の性能(張り、粘り、軽さ等を比較)をしたいのかと思い説明させてもらいます。

266名無し三平2018-09-24 23:29:06

延々と妄想とそれに同意する自演が繰り広げられてる

269スミレジン2018-09-25 19:06:12

>>266

是非是非!「それはただの妄想だ!実際はこうなんだよ!」ってレスをお待ちしています!

煽りではなくマジで。

上にも書き込みしましたが、自分は年間の釣行回数が100日を越えます

しかも一回の釣りが平均8時間程

長い時は14時間以上になります。

また立場上と言うか、コネと言うか

多少のメーカーや対象魚の制限がありますが様々な竿や道具を試せる立場にあります。

かと言って釣りの腕は平均以下だと思ってます。

釣果だけを見れば多分、普通の釣り人が羨むような魚、サイズをあげていますが、それは超長時間の釣りの結果であり、自分の釣りの腕や才能は平均以下です。

ただ、その腕や才能の無さ、プロのようなしがらみのなさは

釣竿のテクノロジーを正しく伝える最高の武器だと思っています。

270名無し三平2018-09-25 19:40:53

>>269

嘘を並べてるとは言っていないが浅い発言から100日釣行の質の程度は知れてる

合いの手レスは自演でないとしてもほぼ単一だろう

271名無し三平2018-09-26 12:20:07

が、掘り込んだ発言もある。俺は楽しみにしている。

273スミレジン2018-09-26 19:07:57

>>270

是非是非深い発言をお待ちしています!

これは煽りでもなく正直なレスです。

自分は年間100日オーバー、一回の釣りも平均8時間以上ですが

正直、時間も体力も経験も足りなさ過ぎだと感じています。

自分の道具や仕掛け、技術面でサポートをしていただいてる方々が各ジャンルで数名いますが、その方達は釣行回数、技術、経験、経済力、熱意、才能、結果等桁違いです。

ただ、そういう方々のアドバイスって理解するのにもそれ相応の技術や経験、才能が必要になります。

もし、そういった深い解説を分かりやく出来るのであれば、スレが盛り上がりますし、自分も勉強になるので是非ともお願いしたいと思います。

>>271

楽しみにしていただけたら何よりです。

こういうレスはホント嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする