農業か自給自足で生きていきたいんで質問です

1名無しさん@お腹いっぱい。2012-03-01 01:02:45

農業、自給自足で食ってくにはどんくらいでかい土地が必要ですか?

3名無しさん@お腹いっぱい。2012-03-01 13:20:01

米は1反(300坪)で600㎏程度収穫できる。

野菜は0.5反も有れば4人は賄えて余る。

>>1の家族での年間消費量から逆算すれば面積は出る。

6名無しさん@お腹いっぱい。2012-03-02 17:20:50

今のお百姓さんは2反くらいが多いのでは?残りは畑にして、あとは休耕田とか

まあ、殆どは兼業で現金収入はリーマン、食は自給が多いのだろうとオモワレ。

16名無しさん@お腹いっぱい。2012-04-20 19:21:22

自給自足でインフレ対策とかアホすぎ。

そういう事態になったら農地にかかる税額ガンガンあげるに決まってるだろ。作ったもの売らないと居られないように。

農家はいまやマイノリティ。戦中戦後の食糧難バブルを期待しても無駄だよ。

17名無しさん@お腹いっぱい。2012-04-23 00:16:20

>>16 クソバカだな。

22名無しさん@お腹いっぱい。2012-07-08 21:43:22

>>16

なるほどな・・つまりは日本にいる限り

逃げられないってこった。はぁ・・

23名無しさん@お腹いっぱい。2012-07-31 11:16:07

妬みと恨みで生きていけるなら農業やればいんじゃね

46名無しさん@お腹いっぱい。2012-09-23 21:34:03

自給自足の仙人みたいなのにあこがれる。

実家が農家だしなんとかならないかなぁ

91名無しさん@お腹いっぱい。2017-03-19 17:27:52

>>46

何県?

50名無しさん@お腹いっぱい。2012-11-01 11:18:43

まずは自己資金ないと悲惨

おまいらが農業やった場合こうなる

hhttp://imlab2.wordpress.com/2012/10/

85名無しさん@お腹いっぱい。2017-01-11 09:51:27

>>50

成功しとるやないか

57名無しさん@お腹いっぱい。2013-11-13 09:00:57

日本では自給自足の生活は出来ないよ

58名無しさん@お腹いっぱい。2013-12-03 16:21:05

現代朝鮮人の職業観。

実に朝鮮半島居住の朝鮮民族では、接待業は賤業なのである。

韓国の場合、食堂、床屋、酒場などはとりわけいやしまれる。

悲しいことにこの間には序列があって、食堂のウェイトレスは床屋の女店員をさげすみ、

床屋の女店員は酒場のホステスをいやしみ、酒場のホステスは自分たちは旅館の女たちとは違う、

「自分たちはあのようなチムスン(動物、禽獣)ではない」と力強く主張するのである。

接待業を侮蔑する意識は韓国ではあまりにひどいため、次のように学校教育のなかで、

改めるべく強化している。

我々は自分にサービスする人に対してありがたい気持ちをもたなければならない。

自分にサービスする人を馬鹿にしたり、

そのサービスを受けることが自分の当然の権利だと考えるのは間違いである。

それはちょうど私のサービスを受ける人が私を馬鹿にすること、

または私の家族のなかの誰かからサービスを受ける人が、

私の家族を馬鹿にするのを私が望まないのと同じことだ。

(韓国文教部『中学校道徳、三』一九九〇)

朝鮮民族を読み解く62〜63ページ。

59名無しさん@お腹いっぱい。2013-12-17 07:27:59

れっしpgrε========<つД;><アイゴーアイゴォオオ

60名無しさん@お腹いっぱい。2013-12-17 09:16:16

>>59

烈士よ、>>58で自分の身内をコケにされたからって

そんなに悔しがるなよw

62名無しさん@お腹いっぱい。2013-12-21 19:21:38

>>61

烈士よ、>>59でコケにされたからって意味不明なレスを

投げて逃げるなよw

71名無しさん@お腹いっぱい。2015-03-19 10:36:41

↑毎日論破されコケにされ今度は芋に八つ当たり

ラサクネアホすぎクソワロタwww

73名無しさん@お腹いっぱい。2015-03-19 22:05:56

ヒヤッハーラサクネクソワロタwwww

75名無しさん@お腹いっぱい。2015-03-20 09:38:29

>>71=>>73

炭水化物ダイエット金欠生活とバカにされ

泣き叫ぶれっしpgrwwwwwwwwwwwwwwww

86名無しさん@お腹いっぱい。2017-01-13 09:32:25

冬場雪で何も出来ん地域と夏、コメ、冬、野菜が出来る地域ではかなり違ってくる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする