木で音を乱反射させるアクセは百害あって一利なし

1名無しさん@お腹いっぱい。2013-03-20 13:38:22

どの製品も基本的にピーキーさを感じさせるようになり、

音色的には「単調さ」と「粗さ」を同時発生させるようになります。

製品によっては定位がフラつくこともあるかもしれませんね。

それなのに何故、我々はその類のルームチューン材を導入してしまうのでしょう。

思う存分に語っていきましょう。

4名無しさん@お腹いっぱい。2013-03-24 00:38:32

有機物で音を乱反射させる>>1はどのくらい害がありますか?

53名無しさん@お腹いっぱい。2014-12-21 22:02:51

>>1

置き方にもよる

80名無しさん@お腹いっぱい。2016-03-08 02:03:12

>>1

バカかてめーわ

スタジオに入ったこともねートーシロかあ?

1度でいいからコンサートホールくらい行ってみろ間抜け野郎

153名無しさん@お腹いっぱい。2017-05-05 00:29:59

>>1は破砕という概念も理解してないんだろうなあ…

17名無しさん@お腹いっぱい。2013-04-29 09:55:23

輸入品を試しに使ってみたいが価格高過ぎ。

まぁ無くても聴感上あまり不満はないけど。

18名無しさん@お腹いっぱい。2013-04-29 11:34:27

>>17

自分で安く作れるよ。

スタジオ設計の本(英語)に計算方法あったんで、俺は自作で5マソぐらいでほぼ壁一面作った。

基本、耳の高さを中心に上下1mあれば十分。

あと都内だったら最近つぶれてる音楽スタジオ多いから、うまく探せば中古で見つかると思う。

プロのスタジオは、だいたいこれとオーウェンコーニングズ社のフォームの組み合わせだね。

手軽にRPG使うところもあるけど、高くなりすぎる上に中途半端になりやすい。

狭い部屋の場合、吸音材だけだとデッドになりすぎて音が死ぬ場合が多いから、

まず木製パネルでディフージョンさせて、隅で低音を吸収するのが正攻法

左右のパネルはまた違う方法なんだけど、ちょっと説明できないわw

日本語ではこういうこと書いてあるまともな本ないからなあ。。

30名無しさん@お腹いっぱい。2014-01-19 11:18:55

空き段ボールに穴あけて積むのもあるような。

共振点は、某アプレット版で計算できるような。

「ポート長」に段ボールの厚み(0.5cmとか)をセットすれば、確か計算してくれたような。

37名無しさん@お腹いっぱい。2014-04-25 22:41:02

レコーディングスタジオやコンサートホールには、適度な残響が必要だ。

だけどそこでできたソースに、さらに部屋の残響を加える必要はないよ。部屋の音を聴いているだけになっちまう。

全帯域で吸音し、定在波もできないようにするのが基本だよ。反射板なんてそのあとでいいと思う。

82コンタクト ◆WkIkguDYlM 2016-03-16 22:00:43

>>37

全く同意であります。と言いますか、はじめて自分と同じ考えに会いました。

私の室内音響に関するスタンスはこの二点です。

一、残響は少ないほど良い。

二、残響は音域による差が少ないほど良い。

低音から高音まで残響時間が同じで、残響は無ければ無いほど良い、つまり理想は無響室ですね。

吸音は良くないとの意見をよく目にしますが、実践が中途半端だからでしょう。吸音しにくい低音と効果が出やすい高音で残響時間の差が広がった為に良くないと感じたと推測します。

43名無しさん@お腹いっぱい。2014-10-13 12:10:33

木材否定するとコンサートホールは全てアウトだなw

46名無しさん@お腹いっぱい。2014-11-15 11:51:17

反射が悪いわけじゃない。日東紡が駄目なだけであって。

48名無しさん@お腹いっぱい。2014-11-18 20:04:57

>>46

ボッタくり価格が問題。品質が問題な訳では無い。

52名無しさん@お腹いっぱい。2014-12-06 03:33:57

同情するならナマポくれ!

54名無しさん@お腹いっぱい。2014-12-22 02:41:13

ホールやスタジオの音は許されてる

家で木のパネルを使うと二重に色付けすることになるのでNG

音に色が乗らない素材を探して自作しましょう

78名無しさん@お腹いっぱい。2015-12-08 03:18:44

いい音と正確な音は違う

83名無しさん@お腹いっぱい。2016-03-16 22:05:14

(典型的な "分かってない人" が陥りがちな思考なんだよなあ.)

84名無しさん@お腹いっぱい。2016-03-17 09:27:40

>>82

これは>>83に全面的に賛同せざるを得ないw

90名無しさん@お腹いっぱい。2016-03-18 00:28:05

「デッド」「ライブ」の体験の延長上なんてレベルと全然違う

目と耳の感覚が全く合わないので、距離感がおかしくなって酔う

普段経験したことのない無音状態に、耳がおかしくなった様に感じて酔う

気持ち悪くて長くはいられない

92872016-03-18 09:51:22

>>90

俺は無響室否定派なんだが、ますますダメじゃねーかwww

93コンタクト ◆WkIkguDYlM 2016-03-18 20:25:12

まず、ステレオを聴く部屋として理想は無響室、という人はゼロに近い少数派でしょう。

しかし自分の理想を追求するのがマニアですから、私はこれからもコツコツ吸音させていくつもりです。

無響室は理想どころか心身に悪影響との指摘もありますが、私としては何の問題もないとみております。

無響室は良くないと書かれている、体験された先輩諸氏は、全員リスニングルームとして使用した感想を述べておりません。

私は、他の使い方をしないステレオを聴くためだけのリスニングルームを用意できました。狭いですけど・・・。

そして部屋にいて響きは少ないですが無音ではないのです。音楽が鳴っています。

無響室否定派はこの点を見落としています。推測ですが、悪影響の原因として響きがないのが問題なのではなく耳に音が入ってこないことが問題なのです。

リビング等他の用途と兼用なら全然話が違いますが、自分としてはこの方向でやっていくつもりです。

97名無しさん@お腹いっぱい。2016-03-18 22:14:08

>>93

ところで、低音は波長が長いので(30Hzの波長が11mくらい)帯域による偏りなく吸音しようとしたらバカみたいに分厚い吸音壁が必要なんだけど、ご自慢の狭いリスニングルームでどうやってそのスペースを確保するの?

95名無しさん@お腹いっぱい。2016-03-18 21:15:35

無響室でオーディオ鳴らすと、

全ての音像が、左右スピーカーのユニットを結ぶ一本の線のような

細いエリアに重なり合って並ぶ、とても不思議な音になる。

上方や下方からの反射音までも皆無だから、垂直方向の頭部伝達関数が有効に働かないんだろうと思う。

98コンタクト ◆WkIkguDYlM 2016-03-18 23:25:16

はは、何だかすごいです・・・。

>>95

貴重なお話しありがとうございます。

これは自分の部屋で聴けている感じとだいぶ違うな・・・。ノードストのチェックCDなんか吸音するほどめっちゃオモロイ定位の仕方するんですけどねえ。

なぜなのか暇に任せて考えてみるとします。

>>93

そうですか、こればかりは経験してみないといけませんね。今のリスニングルームでそこまで感じていないのは吸音レベルがまだまだ大したことないからかw

>>97

自分の理想はこうだ、と言っただけでその理想が実現出来ていると言ってません。

実現可能とも言ってません。

しかし進んでいく方向は明確なので少しずつではあっても前進させていきたいな、という話です。

因みに音が良いと評判の石井伸一郎先生設計のいわゆる石井式リスニングルーム、その音の良さの秘密は音域によって残響時間が変わらない点にあると考えます。

99名無しさん@お腹いっぱい。2016-03-19 00:13:54

>>98

残響時間を揃えようと思ったら低音域も抑える必要がある。

つまり分厚い吸音壁が必要なんだけど?

共鳴管とか他の方法もないではないけどさ

108名無しさん@お腹いっぱい。2016-03-23 20:32:25

何で猫も杓子も石井式をほめるんだろうね

110名無しさん@お腹いっぱい。2016-03-23 23:35:38

精密なミニチュアにしても

音速が同じだからダメじゃねの?

周波数のスケール変換でもしてるの?

111名無しさん@お腹いっぱい。2016-03-24 00:46:57

>>108

有り体に言えば,馬鹿が猿真似で作ってもそこそこの部屋が出来るから.

それはそれでとても大切な事ではあるが,それ以上でもそれ以下でも無い.

>>110

当然,試験周波数は縮尺に応じて変える.

酸素と水の共存状態に因る非線形性が問題になるため,ホールの設計など高額且つ大規模な実験では

模型を乾燥空気か窒素で満たして行うが,だいたい1/20程度までは比較的良好な精度の結果を得られる.

116名無しさん@お腹いっぱい。2016-03-24 19:51:26

能書きと言うか誰の役にも立たない自慢話、

といえば分かりやすいか?

詳しくても誰の役にも立たなければ仕方がない

ま、仙人みたいなつもりかもしれないがwww

卑しい仙人の昔話ってそういやあるよな

お偉い仙人、と持ち上げつつ実はバカにしている

ま、どっちもどっちとは言えるがw

118名無しさん@お腹いっぱい。2016-03-24 20:26:59

>>116-117

なんか、物凄く見苦しいんだけどw

119名無しさん@お腹いっぱい。2016-03-24 20:40:45

>>118

そうか?w 別にどうでもいいけど、オレは口だけでは証明にならないと思えば

他の手段も使うし、一々細かい説明はしなくても分かるような物になるよう

多少なりとも工夫はしている。>>111こういう事言いながら、実際には

なーんにもやらないのと、レベルが低くても結果を誰でも知れるように努力するのと

ま、どっちが偉いとは言わないが、ちったぁ考えた方がいいんじゃねぇの?w

なんで>>111にこだわるかっていうと、そういうヒントも>>111にはあるから。

てことは分かっていながらこいつはやらないんだよ。何故か?

そんな事はオレは知らないが、たぶん人をバカにしたりコケにしたりする事の方が

こいつには重要だからかな、とは思ってる

121名無しさん@お腹いっぱい。2016-03-24 21:08:15

>>119

いや、ホンモノに何のエビデンスもないエアが、

hissiに自分のプライドを守ろうとグダグダやってるだけに見えるって話

125名無しさん@お腹いっぱい。2016-03-27 17:58:22

低音てコーナーにたまるてきくけど10分の1なら1000hzも同様にたまるの?

126名無しさん@お腹いっぱい。2016-03-27 18:03:13

>>125

何故そのような現象が起きるか考えてみれば,自ずと答えは出ると思うよ.(´・ω・)

127名無しさん@お腹いっぱい。2016-03-27 18:09:22

>>126

減衰しにくく反射回数がすくないからかな?

高音との比較ならほぼ同等になるであってる?

128名無しさん@お腹いっぱい。2016-03-27 18:49:50

>>127

低域は部屋に対する(半)波長が長いために生じる定在波の腹の数も限られますが,

角というのは多くの定在波の腹に相当するため,相対的に低域の音圧が上がります.

つまり "部屋に対する(半)波長" の大きさがその周波数に於ける振る舞いを決定するので,

実際の部屋に於ける低域は,1/10モデルに於ての10倍の周波数とほぼ同じように振る舞います.

上記の指向性云々も同様で,波長に対するダイアフラム等のサイズや形状がどうか?が問題なのです.

129名無しさん@お腹いっぱい。2016-03-27 19:11:24

>>128

マジわかりやすいサンクス

ホールの空間を部屋サイズにダウンさせてもイマイチなんだね

理想的な大きい空間の縦横高さ比でコーナーは有穴ボードで吸音させスピーカー間はQRDで拡散しようと思います

146名無しさん@お腹いっぱい。2016-10-15 05:11:59

>>128

低音はゴキブリが好む場所に溜まる

説明なんてこれで十分w

132名無しさん@お腹いっぱい。2016-03-27 19:23:58

BP殿からしたらQRDはイマイチだろうけど知識がない俺には身近な知識人に丸投げしかない!

136名無しさん@お腹いっぱい。2016-04-02 20:49:22

>>132

俺にはQRDをイマイチと言える人間がいるとは思えないんだが…

あれほど考えられた製品群を持ってるメーカーはねえよ

137名無しさん@お腹いっぱい。2016-04-03 07:58:59

>>136

ディフラクタルt230を8枚買ったから新築マジ楽しみ