[ナポレオン覇道進撃]長谷川哲也48[セキガハラ・笑う殺し屋]

1名無しんぼ@お腹いっぱい@無断転載は禁止2017-09-14 10:23:36

ナポレオン〜獅子の時代〜に続く皇帝への道

ナポレオン 覇道進撃

YOUNG KING OURs(毎月30日発売)にて連載中

掲載誌公式

hhttp://www.shonengahosha.co.jp/

前スレ

ナポレオン覇道進撃]長谷川哲也 47 [セキガハラ・笑う殺し屋 ©2ch.net

hhttp://fate.2ch.net/test/read.cgi/comic/1487766669/

次スレは>>980か他が宣言して立ててください

37名無しんぼ@お腹いっぱい@無断転載は禁止2017-09-18 06:29:05

マッセナはよく身を退けたよな。

もしかしてワザと?

38名無しんぼ@お腹いっぱい@無断転載は禁止2017-09-18 06:55:55

>>37

これ以上出世出来ないところまで、軍で栄達したし

君主には興味なさそうだし マッセナ

スルトは、頭もあるので、君主になりたがったのが自滅

68名無しんぼ@お腹いっぱい@無断転載は禁止2017-09-21 02:51:53

タレーランの息子+オルタンス=3世

or

レティツィア×???=ルイ+オルタンス=3世

どっちが正解なのか

69名無しんぼ@お腹いっぱい@無断転載は禁止2017-09-21 06:13:02

>>68

おそらくタレーランの息子+オルタンス=3世が正解なんじゃないかと

ルイとオルタンスの仲は結婚当初から悪かったそうだからね

ナポレオンも不幸な結婚をさせたという負い目からオルタンスの不貞を黙認していたんじゃないかといわれているし

79名無しんぼ@お腹いっぱい@無断転載は禁止2017-09-23 19:35:40

>>69

それが事実だとしたら、フランスの英雄ナポレオンの後継者が、上にあるようにフランスの戦犯と思われてたタレーランの孫ってこと?

すごい皮肉

てか元からナポレオン一族の誰かを自分の一族の誰かに寝とらせて血族簒奪する計画だったとか?

100名無しんぼ@お腹いっぱい@無断転載は禁止2017-09-26 00:55:33

偽物の方が本物らしくあろうとするの法則みたいに

外から来たかスタンダードじゃない方が社会に意見を持つ的なのがなんかあるかもしれない

108名無しんぼ@お腹いっぱい@無断転載は禁止2017-09-30 19:01:58

>>100

なんか始皇帝っぽいな

正統じゃないから初代になろう、みたいな

始皇帝って結局秦王の血引いてないんだっけ?

109名無しんぼ@お腹いっぱい@無断転載は禁止2017-09-30 19:36:14

>>108

呂不韋が実父という説もある

まあ、どこまで本当か分からないけど

ちなみに、武帝の時代、南蛮を教化するために呂不韋の子孫の生き残りが移住した

三国志に出てくる呂凱はその子孫にあたる

110名無しんぼ@お腹いっぱい@無断転載は禁止2017-09-30 19:38:21

>>109

呂不韋の子供云々はかなり寓話っぽいらしいぞ

111名無しんぼ@お腹いっぱい@無断転載は禁止2017-09-30 19:56:33

>>110

おそらくは始皇帝を貶めるためのデマだと思うんだけどね

呂不韋はかなり慎重かつ用意周到な性格のようだから、リスクを冒すとは信じがたいんだよ

近年では、劉邦の呂皇后は呂不韋の一族だったのではという説があるようだね

151名無しんぼ@お腹いっぱい2017-10-16 20:37:01

パットン「わしはかつて4千年前のエジプト人だった。

トロイア戦争で戦った。

シーザーの第十軍団で戦った。

カルタゴのハンニバル将軍だった。

スチュワート王朝のために戦った。

ミュラ元帥の部下の将軍であった。」

ナポレオン「ミュラの部下なんかにハンニバル級の人材がいるかボケ」

177名無しんぼ@お腹いっぱい2017-10-19 20:24:37

>>151

パットンって、ヨーロッパの初めて行った土地を前世の記憶で完全に把握してたとか聞いたが、あれって証言者いるのかな?

いたらもしかしてヨーロッパの誰かの生まれ代わりってのもない?

まぁ、ハンニバルはないだろうがw

161名無しんぼ@お腹いっぱい2017-10-17 22:51:34

若いころからストレス半端じゃないうえに不規則で睡眠不足な生活送ってる慢性疾患持ち。

当時としてみれば、別に若死にって年でもないしね。

180名無しんぼ@お腹いっぱい2017-10-19 23:42:19

>>177

な訳ない

知らない土地に行く前にみっちり調べるタイプだったんだろナポと同じで

あとは人に話すとき適度な脚色したっつう事だ

183名無しんぼ@お腹いっぱい2017-10-20 10:58:09

>>180

やっぱりそうだよなw

最近、トランプがマティスのことをパットン将軍の再来、って言ってたの知ってパットン将軍を調べてみたらそんな話があったから興味もった

周りはどんな反応だったんだろうなw

186名無しんぼ@お腹いっぱい2017-10-20 23:14:25

>>183

タイプとしては全然違うわな

まあトランプが他の名前を知らんかったんだろう

208名無しんぼ@お腹いっぱい2017-10-25 00:26:18

やがてフランスは第二共和制に突入、さらに第二帝政への道を歩いてゆく。

そのような歳月の中で幾度かビクトルの姿を見たという人があった。

例えばアメリカのアラモ砦の戦いのさなかで、例えばクリミア戦争のさなかで激しく抵抗する銑次を見たという人がいた。

そして噂のビクトルはいつも戦い抗うビクトルであった。

215名無しんぼ@お腹いっぱい2017-10-25 17:07:08

>>208

今 繰り返す

時を 見逃すな

熱く 燃えて生きる

Our history again

213名無しんぼ@お腹いっぱい2017-10-25 09:22:14

掘られているしなwww

221名無しんぼ@お腹いっぱい2017-10-25 23:27:55

>>208

銑次って誰だよ、と思ったらこれも獅子の時代なのね…

>>208といい>>215といい、ここは老親衛隊の多いインターネッツですね

241名無しんぼ@お腹いっぱい2017-10-26 23:27:15

ナポレオン以外のボナパルト家の面々とは

割と仲が良いからな ベルナドット

あと喧嘩別れしたとはいえ軍の実力者だし

身内に取り込む意味はあるはず

上手くは取り込めなかったけど

282名無しんぼ@お腹いっぱい2017-10-29 23:04:34

>>241

ジョゼフとしてはナポとの家長争いで、一族内に味方を増やしたかった面があったと思う

一族に実力者を引き込むことは、家長争いそのものの点数稼ぎにもなるし一挙両得

ナポレオンの帝国視点だと上手くいかなかったけど

ジョゼフや一族としてはナポ破滅後でもスウェーデン国王夫妻とつながりをもつという超ファインプレイだね

287名無しんぼ@お腹いっぱい2017-11-01 00:00:32

>>282

ジョゼフは大体無能に描かれてるけど

スーシェも取り込んでるし実は有能?

319名無しんぼ@お腹いっぱい2017-11-06 09:43:33

その点新潟ってすごいよな

世界有数の豪雪地帯なのに先史時代から海上交通の要衝で農業大国だったんだもん

323名無しんぼ@お腹いっぱい2017-11-06 10:27:09

>>319

山梨だって住血吸虫がいて

水辺はリアルの毒の沼地

コンクリートで堰つくって

貝駆除してやっと全滅したのは昭和

471名無しんぼ@お腹いっぱい2018-01-12 17:57:31

というか母親だけじゃなくて、父親も祖母のレテツィアの浮気相手の子疑惑があったんだよな

472名無しんぼ@お腹いっぱい2018-01-12 18:01:35

>>471

お母様、あんたもかい!

ジョセフィーヌを嫌う権利はないでしょうよ…

477名無しんぼ@お腹いっぱい2018-01-12 22:41:14

>>472

浮気というより家族のために身を差し出したという感じらしい

480名無しんぼ@お腹いっぱい2018-01-14 00:24:08

>>477

エッッッッッッッッ

554名無しんぼ@お腹いっぱい2018-02-16 15:22:24

流れぶった切って悪いけど、ミュラ外伝はどこで読めるんだ?単行本には収録されてないよな?

557名無しんぼ@お腹いっぱい2018-02-17 09:39:14

>>554

単行本未収録で確か掲載が2006年くらいのYOUNG KING OURs増刊

収録して欲しいよね

558名無しんぼ@お腹いっぱい2018-02-17 15:44:33

>>557

読んだの?

どんな内容?

606名無しんぼ@お腹いっぱい2018-03-04 19:51:15

モスクワ行くまででも結構な地獄だったけどな

暑さと泥濘と焦土作戦で

まぁ帰りがさらに地獄だけど

610名無しんぼ@お腹いっぱい2018-03-05 04:45:42

>>606

モスクワから帰り道に比べたらマシってことを言いたかった

たしかモスクワ着く頃には兵数がパリ発った時の半分以下になってるんだよな

670名無しんぼ@お腹いっぱい2018-03-16 23:22:34

音楽学校の生徒数百人を動員してドイツ軍の陣地に突撃させたなんてことも

軍服着せられただけの丸腰で歌を歌いながらみんなで行進してものの数分で全滅とか

まあ弾薬を消費させる役には立ったんだろうね

迫撃砲とか擲弾とかRPG-7みたいな兵器が充分なら機関銃陣地なんかひとたまりもないんだろうに

675名無しんぼ@お腹いっぱい2018-03-17 02:24:16

>>670

まぁぶっちゃけソ連が人名軽視云々は冬戦争から独ソ戦初戦のガタガタだった時期のイメージと冷戦の頃の西側プロパガンダが組み合わさってるせいで一人歩きしてるからな

大戦中期から後期にかけてのソ連軍はむしろめちゃくちゃ人名重視の軍隊だよ(だからこそあんなに過剰な程の砲兵火力を重視してる)

676名無しんぼ@お腹いっぱい2018-03-17 03:18:04

>>675

違う違う

その砲兵重視なソ連軍編制は、人命重視のためではなく、ソビエト伝統の梯団攻撃ドクトリンのためだ

師団だろうが、旅団だろうが、連隊や大隊だろうが、後方を遮断されようが、どんな規模の戦闘単位でも独立して作戦行動を取ることができるように、それぞれの部隊に戦車と砲兵が配属された

身体のどこをブッタ切っても動き続ける、プラナリアみたいなもんだ

おかげでソ連軍は、作戦テンポを大幅に高速化させることができた

1950年代に入ると、核兵器という概念が導入されるが、核戦争との相性が非常に良かったので、このドクトリンはますます熟成された

起源は、日露戦争やWW1にまで遡るらしいが、その時代のことを俺は知らん

そして聞いて驚け

実は米軍の野戦教範を読むと、このソ連軍の梯団攻撃に対する有効な手立ては、1982年まで無かったみたいなんだな

やっと米軍がソ連軍への有効打を見つけたというのに、しかし直後1991年にソ連は崩壊。そして今に至る

ロシアは昔から人命軽視だが、変なところで軍事的な合理性に基づいてるから困る

戦闘機や有人宇宙機、ヘリ、原潜などといった高価値な人材を乗せる乗り物は、割と人命重視な設計だと聞くが、それくらいかね

…ってこんな夜中に漫画スレで何スレ違いの話を書いてんだ俺は

683名無しんぼ@お腹いっぱい2018-03-17 15:55:29

軍オタってウゼーな

700名無しんぼ@お腹いっぱい2018-03-23 13:44:48

ほんとダヴーかスーシェでも連れてけばな

カトルブラからずっとボニーはマヌケだったけどそれ以上にネイがボケすぎ

702名無しんぼ@お腹いっぱい2018-03-23 19:21:40

>>700

スルトさんに畑違いの参謀やらせるのが間違いだったんだよな

ナポレオンはベルティエがいればとしきりに愚痴ってたそうだけど

712名無しんぼ@お腹いっぱい2018-03-25 16:59:33

>>702

ジョミニがいればベルティエの代わりになったかな?

713名無しんぼ@お腹いっぱい2018-03-25 17:21:12

>>712

ジョミニがいれば十分務まったよ

自分に取って代わられる存在だと危険視したから、ベルティエはジョミニを排除したわけで

720名無しんぼ@お腹いっぱい2018-03-26 18:16:03

ナポレオンが欲しいのって参謀というより書記官だから

スルトに向いてるわけないわ

728名無しんぼ@お腹いっぱい2018-03-31 15:42:35

>>720

スルトが非難されてるのはその後も生き残って栄達してる事への反感もありそうだな

ベルティエだって結構ミスをしてるわけだし

それにしても今回はなぜナポレオンがボロディノで近衛軍の投入が出来なかったのかの解釈が良い

おそらくフランスからここまであまりに遠過ぎるという面もあったろうが

あと戦場でだけはなぜかカッコいいクソ野郎というミュラへの評価も傑作

730名無しんぼ@お腹いっぱい2018-04-01 00:09:27

>>728

まぁナポ自身がワーテルローの敗因を熱烈に部下に押し付ける傾向が激しいしな

ワーテルローには冷静な分析ができないというか

1ダースの伝令とかベルティエがある種の超人化されたのもその影響だよね

735名無しんぼ@お腹いっぱい2018-04-01 12:05:14

>>730

「1ダースの伝令」はフランス人が多用する大袈裟表現だよ

言葉通り受け止めている日本人がおかしいのさ

738名無しんぼ@お腹いっぱい2018-04-01 23:16:15

あっさり攻め落としたとこはあんまり漫画に取り上げられないだけじゃないか

イタリア戦線だとマントヴァ以外にも要塞はいろいろあったみたいだし

本領は野戦だろうけど

ところでナポレオンが戦死したらだれが指揮することになってたんだろう

クレベールとかマッセナ?

741名無しんぼ@お腹いっぱい2018-04-02 07:12:04

>>738

ナポレオンは要塞戦は2回しかしてないって補給戦に書いてある

740名無しんぼ@お腹いっぱい2018-04-01 23:29:14

イタリア戦役ならマッセナ辺りじゃないかね?

エジプトならクレベールかね?

それ以降はそもそもナポレオン死んだら負けだから…

742名無しんぼ@お腹いっぱい2018-04-02 19:07:31

>>741

そうなんだ

wikipediaでなんだけど自分はこれを読んだ

>> カスティリオーネの戦い

>>マントヴァは、クァドリラテロ(Quadrilatero)として有名な4つの要塞の1つであったが、

>>フランス軍は他の3要塞、レニャーゴ、ヴェローナ、ペスキエーラはすでに手中にしていた。

ナポレオンの陣頭指揮ではなかったりで

要塞戦を指揮したとはみなされてないってことかな

たしかにじっと包囲したりするのは部下に任せて駆け回るのを好みそうだが

>>740

第一執政以降もいちおう軍は軍だから

少なくともその戦場では役職や階級の序列に従うんじゃないかと思ってた

マッセナは元帥の中でも上だろうけど

別の方面軍にいることも多いし

776名無しんぼ@お腹いっぱい2018-04-13 01:51:42

プロイセンと同盟してた時期もオーストリアと同盟してた時期もロシアと同盟してた時期もあるんだからとにかく周辺国全部敵っていうイメージを第一にしてるのは間違った認識だな

784名無しんぼ@お腹いっぱい2018-04-13 12:06:28

>>776

同盟といってもあくまでフランスからの強要による物で相手国側の利益はほとんどなかったからな

779名無しんぼ@お腹いっぱい2018-04-13 10:08:42

スペインに関わったのが運の尽き

824名無しんぼ@お腹いっぱい2018-04-20 02:14:54

>>779

過去スレにあった気がするけど、タレーランが語ったナポレオンの三つの過ちが、スペインと法皇とあと何かだったと思う

皇帝とか名乗らずスペインと喧嘩せず永久執政とかでい続けたらどうだろう?

780名無しんぼ@お腹いっぱい2018-04-13 10:24:27

そもそも論になるけど護持すべきものを自分らで引きずり下ろした群衆なんて周辺国からすれば垂涎モンの餌でしかなかったろうし

国体を保ち続けるか戦い続けるか二択だったと思う

786名無しんぼ@お腹いっぱい2018-04-13 14:14:49

>>784

オーストリアロシアプロイセンイギリスが仲良くて全く外交に問題がないとかではないんだからフランスとの同盟は場合によっては普通にありがたいんだ

どうやら結果論だけで歴史を見てるようだな

810名無しんぼ@お腹いっぱい2018-04-14 14:07:25

>>786

ありがたいはずの同盟をありがたくない物に変えた本人はナポレオン

典型はプロイセンとスペイン

ナポレオンにとって同盟とはあくまで自分が主導権を持って都合よく条件を変えられるという物でしかない

796名無しんぼ@お腹いっぱい2018-04-14 06:21:24

マルクスなんてダニエル書の出来の悪い改変コピペみたいなもんだw

809名無しんぼ@お腹いっぱい2018-04-14 14:03:26

>>796

8月15日革命説、八月革命説は憲法学はともかく、西洋経済史では今でも通説だよ?

東大はマルキストの牙城だったけど、その名残で西洋経済史は未だにマルクスとウェーバーを接ぎ木した大塚久雄の系譜が支配的

実証史学は慶應が根城だけど、東大を抑えきれないからいまいち

西洋経済史は法学部、経済学部、経営学部、商学部に講座があるので日本ではメジャーな学問だよ

817名無しんぼ@お腹いっぱい2018-04-16 05:05:39

>>809

なるほど。

そういう古典でもなければ実学でもない無価値なものに人と金と時間を割いているから日本の大学の国際ランキングが低いわけなんだね。

解説ありがとう。m(_ _)m ペコリ

819名無しんぼ@お腹いっぱい2018-04-16 11:55:01

>>817

> そういう古典でもなければ実学でもない無価値なもの

バカだなあ

例えば、LSEのシラバスでEconomic historyで検索してみな

沢山ヒットする。メジャーな学問だから

日本の社会科学系の学部にはたいてい講座があるってことはそういうことだよ

欧州は本場だから人文科学系の学部にも講座があるよ

852名無しんぼ@お腹いっぱい2018-04-30 20:38:25

ポーランド「せやな・・・」

900名無しんぼ@お腹いっぱい2018-05-05 10:03:26

最近はそうでもないが

女子は焼き芋大好きってイメージはいつ頃から作られたイメージなんだろか

905名無しんぼ@お腹いっぱい2018-05-05 12:03:02

>>900

江戸時代から、

芋、タコ、ナンキンで有名だよ

908名無しんぼ@お腹いっぱい2018-05-05 14:32:48

フランス戦役では普通に弱兵でも問題なくカバーできてたけどな

911名無しんぼ@お腹いっぱい2018-05-05 18:52:22

>>908

カバーしきれてないから負けたんだろ

913名無しんぼ@お腹いっぱい2018-05-05 21:37:34

>>911

数で負けただけで戦術的には弱兵でも勝ったんだから

質をカバーする事はできてるだろ

915名無しんぼ@お腹いっぱい2018-05-05 22:37:58

>>913

上り調子の時は戦略的な不利を覆せて侵略してたんだから、

ナポが死力を尽くして頑張ってもまったくカバーしきれてないでしょ

916名無しんぼ@お腹いっぱい2018-05-05 22:53:12

>>915

ライプツィヒほどの戦力差だった事は以前には無いだろ

975名無しんぼ@お腹いっぱい2018-06-03 15:29:01

ポーランド・リトアニア共和国も成立する

987名無しんぼ@お腹いっぱい2018-06-07 10:31:56

>>975

ナポレオンにとってポーランドなどはロシアに対する取引ないし牽制道具でしかない

だからあくまで妥協が基本である以上は独立回復などは無い

ちなみにその点で失敗したのが戦間期の英仏

あくまでドイツやソ連に対する牽制として再興させたはずのポーランドを都合良く制御できず自分たちも奈落に引き擦り込まれる結果となる

988名無しんぼ@お腹いっぱい2018-06-07 10:40:36

>>987

ポーランド独立はあり得るよ

位置的にフランス帝国の本土には出来ないし

プロイセンやロシアの国力を分散させて間接的に圧力をかけられる

第二次大戦のポーランドが失敗って話はどういうifなら成功なのか全くわからないからあまりその話だけで納得はできないな

ポーランド独立させずにドイツかソ連に併合させると言うのが史実より良い歴史の流れになる様は想像できない