【進化論】虫の幼虫時代はなぜ存在するのか?

1:||‐ 〜 さん2012-09-05 06:12:51

イモムシ時代のある虫、チョウ、甲虫、ハエ、蚊、などがいる。

そういう幼虫時代があることが、生存競争で有利に働いていると考えられるが

そういった幼虫は、骨格がなく動きものろく、武器も(一部を除いて)無い

なので外敵に食われるばかりである

しかしそういう特徴をもつ虫の多くが自然淘汰によって生き残ってきたことは

揺るぎない事実である

そういった幼虫時代があることのメリットとは何か?考えよう

4:||‐ 〜 さん2012-09-07 00:06:18

>>1は変態

7:||‐ 〜 さん2012-10-03 14:52:53

約13日おきに保守ってるの丸わかりだな

他人のふりしてまで書き込む惨めな>>1

19:||‐ 〜 さん2012-12-06 23:31:59

成虫は繁殖のための形態、幼虫は>>18のように養分をとる形態と考えられる。

>>1が挙げたグループは蛹がある完全変態だね。

蛹というクッションを置くことで、幼虫と成虫の姿を大幅に変えることが可能になった。

それにより幼虫の養分摂取の効率を上げることもできる。

確かに無防備になるデメリットもあるが、それをカバーする戦略もいろいろ編み出した。

蛹がない不完全変態は幼虫と成虫の形が似ている。

どっちが優れているということは無いが、完全変態の出現で可能性が広がった。

蜂とか不完全変態では不可能な姿だと思う。

31:||‐ 〜 さん2013-01-20 18:27:02

>>1

虫に幼稚園時代なんか存在するわけないだろ

64:||‐ 〜 さん2013-02-24 10:53:17

昆虫の存在意義は幼虫にあって、幼虫が本来の姿んだよ。

地球の自然体系維持に役立ってるのは幼虫であって、成虫は自然体系の維持には役に立ってない。

例えば、クワガタ虫を例に例えると、幼虫は朽木を食べて、森の中の掃除に役に立ってる。

地球環境を整えるためには不要な物を排除し、新しものを常に維持しなければならない。

じゃあ成虫は何なのか言うと、子孫を残す為に化身した仮の姿。

むしろ>1は、成虫がなぜ必要なのかに疑問を持たなければならない。

92:||‐ 〜 さん2013-12-06 20:08:08

>>1

羽化するため

2:||‐ 〜 さん2012-09-05 08:56:54

えっ!

そんなことも知らねーのw

44:||‐ 〜 さん2013-01-30 13:52:11

>>2

ワロタwwww

35:||‐ 〜 さん2013-01-24 15:40:15

>>4

変態ワロタwwww

74:||‐ 〜 さん2013-10-22 21:15:00

>>19で挙げられている事とか

23:||‐ 〜 さん2013-01-13 14:10:40

クリエーション・リサーチっていう団体について詳しい方おられますか?

前の理事長をセブンスデー・アドベンチストの集会で見かけたことがあるのですが

創造科学研究会という名前だったようですが、なぜ名前が変わったのでしょうか?

24:||‐ 〜 さん2013-01-14 17:28:31

>>23

前理事長の高橋清氏はバプテスト教会の牧師を名乗っているけど、元々はセブンスデー。

セブンスデーを脱退した後、バプテストの神学校を卒業せずに牧師になったという話がある。

26:||‐ 〜 さん2013-01-15 12:29:25

>>23>>24

クリスチャン・サイエンスの一派じゃないの?

27:||‐ 〜 さん2013-01-16 09:54:43

>>26

高橋清氏の教会はバプテストでも各個独立の保守バプテスト同盟に所属。

NCC加盟の伝統的プロテスタント教会であるバプ連とは異なるそうだ。

加えてセブンスデーや創造科学の影響だから、かなり特殊な教会かも。

新改訳聖書を使い、旧約聖書を重視、逐語霊感説や七日間創造論を固持。

リバイバルミッションともつながりが強く、霊の戦いの祈りや賛美を励行。

893軍団とも昵懇であり、祈祷会などで「親方はイエス様」を上映。

早天祈祷会を毎朝行い、悪霊追い出しの祈りや、ヤベツの祈りを励行。

そのさい牧師が講壇をのっし、のっしと歩き、ミシミシと音がするそうだ。

ちなみにクリエーションリサーチは今では奥山実牧師が会長になってるね。

30:||‐ 〜 さん2013-01-19 17:17:05

>>26

クリエーション・リサーチ・ジャパン(創造科学研究会)

出典:百科事典

創立の時期は不明ながら、いつの間にか存在した団体。世界が七日間で創造されたと科学の分野においても主張。

前理事長は農学博士で元大学教授、現職牧師の高橋清氏。保守バプテスト同盟、聖書バプテスト教会の牧師を務める。

聖書が一字一句間違いのない神の言葉であると主張、宗教的・道徳的・科学的に完全無欠な最高規範であるとする。

進化論を聖書の内容及びキリスト教価値観に反するとして完全否定、宗教、科学の両側面で一貫して創造説をとる。

同牧師は非主流派キリスト教のセブンスデー(SDA)教団の出身。バプテストの神学校は卒業していないとの本人談。

SDA教団は、7日後の世界終末を主張した急進的団体。伝統的なキリスト教会においては疑問符を付される存在。

同牧師の教会は、伝統的な主流派のプロテスタント教団である日本バプテスト同盟やバプテスト連盟には加盟をせず、

「各個教会の独立」を旨とする保守バプテスト同盟に所属、独自にさまざまな主義主張の団体と連携をとっている。

特に、公立学校における進化論教育を否定し、義務教育からの離脱を主張する急進団体とも深い繋がりと交流がある。

むしろ創造科学研究会が提唱する「創造論」こそが、それらの団体の活動の思想的・宗教的背骨になっているといえる。

36:||‐ 〜 さん2013-01-25 12:57:37

>>27

なにしろこの牧師、7日後に世界が終わるといって断食励行してたカルト教派の出身。

その際「週末に終末が来る!」と言ったかどうかは定かではないw。

農学博士で大学教授だったんだけど、進化論否定と創造科学に入れ込んで退官。

原理主義的な思考と言動で、いろいろな問題も起こしてたんだな。

29:||‐ 〜 さん2013-01-18 11:32:58

原理主義的なキリスト教徒の一部は、進化論を教える学校教育を拒否し、

独自に「ホームスクール」や「チャーチスクール」という教育形態をとる。

この宗教的運動は、「創造論」「創造科学」をその思想的な背景とする。

具体的には、「クリエーション・リサーチ」(旧・創造科学研究会)のほか、

「チア・にっぽん」といった、進化論や公立学校を否定する団体である。

彼らは義務教育の拒否を、聖書の「出エジプト」になぞらえているらしい。

一方で、国民には、子女に法律の定める普通教育を受けさせる義務がある。

子供から公立学校での義務教育を奪うと、憲法に違反してしまうのである。

創造論を主張するクリスチャンたちは、どのように対処するのだろうか。

58:||‐ 〜 さん2013-02-10 22:36:51

>>29

「世俗の法律より神の法律のほうが上」と開き直る。

33:||‐ 〜 さん2013-01-22 10:42:08

虫に要注意時代(ry

59:||‐ 〜 さん2013-02-11 10:00:38

ハエの幼虫=ウジ虫

62:||‐ 〜 さん2013-02-14 21:26:36

創造論の話はスレ違いだから他でやってくれ

82:||‐ 〜 さん2013-11-19 21:36:47

人間の幼稚園時代はなぜ存在するのか?

97:||‐ 〜 さん2015-10-09 02:06:18

ちなみに幼虫は遠い祖先の姿

99:||‐ 〜 さん2015-12-28 17:34:14

>>97

つまり甲虫類などの芋虫型完全変体のグループと

ある程度成虫の形で出てくる不完全変体のグループでは発生が全然違うのですね

100:||‐ 〜 さん2015-12-28 21:36:15

いや同じ

103:||‐ 〜 さん2015-12-30 23:46:20

>>100

ゴキブリのグループと甲虫類のグループではカンブリア期どころか先カンブリア期の生命誕生の時から違うと思う

カブクワの幼虫ってどちらかと言えばエビの仲間から別れたんだと思う

なぜならば!カブクワの幼虫の背中にはエビみたいな背腸があるしエサの食べ方もザリガニとほとんど同じなんだもん

104:||‐ 〜 さん2015-12-31 01:33:48

>>103

昆虫類全体がエビなどの甲殻類から分岐・進化した可能性は高いが

甲殻類と比べると、昆虫類の中でのゴキブリと甲虫のほうが遥かに近縁

115:||‐ 〜 さん2016-09-15 00:35:45

最近トンボを見ると必ず、原始時代に巨大昆虫だったことを

想像してしまう

同じ形なのに巨大だった、ってどういうこと?

117anonymous2016-09-15 17:18:38

>>115

Meganeuraと現在のトンボ目に直接の系統性はない。おそらくMeganeuraは鳥類に

勝てなかったのだと思われ。

118:||‐ 〜 さん2016-09-17 18:07:34

生物の一生は進化の歴史をトレースするという一説がある。ヒトの胎児はおさるさんと

あんま変わらない。

120:||‐ 〜 さん2016-09-24 20:58:33

>>118

それは発生時の話じゃないかい?

人間の場合、胎児は魚っぽくなったりトカゲっぽくなったりしながら大きくなる

122:||‐ 〜 さん2016-10-21 21:29:32

>>120

だっからそういう話だ。

123:||‐ 〜 さん2016-10-21 23:00:48

人間が虫のことを幼虫、成虫というのは、

人間には大人と 子供という2種類があるのでほかの生物も?

っていう単純な思い込み?人間社会的通念の押しつけ?

大人と子供は生物的にははっきりした境目なんてないのにねー

むしも幼虫とか成虫とか二元論でいいの?

カニやクラゲやエビは何段階もあるぞ

124:||‐ 〜 さん2016-10-26 22:06:01

>>117

細かいことは省くがメガネウラは石炭紀末期(2.9億年前)で

始祖鳥がジュラ紀後期(1.5億年前)だから鳥類との競合はありえない

>>123

二元論なのかな?

幼虫は成長に、成虫は繁殖にそれぞれ特化した形態だと考えればいい

(成長・繁殖に不利な季節を、卵あるいは蛹の形態で耐える種が多い)

繁殖形態に羽があれば幼虫の成長に適した場所で産卵できるので効率が良い

昆虫とは逆?に幼生の時期に生息域を拡げる戦略をとったのがカニ・エビ

ゾエアやフィロソーマみたいに棘や附属肢があると沈みにくく海流に乗りやすい

またクモの場合は子グモの時期にバルーニングをする種が多い

でも所詮は波任せ・風任せなので効率は悪いはず

143:||‐ 〜 さん2017-12-28 13:40:31

幼虫と俺らが思ってるのが本来の姿

成虫は男女出会い系&分布を広げるための仮の姿、と思ってたが

>>99

不完全変態の昆虫を見ると

やはり成虫が本来の姿で、進化の過程でその成虫の手前に「芋虫幼虫、蛹。繭」のステージを獲得したと言うのが正しい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする