心と身体を覚醒させ潜在能力を引き出す方法

1名無しさん@一本勝ち2010-04-29 21:35:30

心理的リミッターにより普段は30%しか出してないと言われている潜在能力を

心と身体を覚醒させることにより全開にさせる方法を探るスレです

古来から伝わる方法やオリジナルの方法などを教えてください

7名無しさん@一本勝ち2010-04-30 01:55:48

>>1

シャブやれば万事OK

9名無しさん@一本勝ち2010-04-30 07:36:45

>>1

滝行

33名無しさん@一本勝ち2010-07-07 19:36:18

>>1

アメリカ大統領になれば万事OK

209名無しさん@一本勝ち2011-05-08 20:13:32

>>1

古流には脳のリミッターを外す工夫が多くある。

325名無しさん@一本勝ち2012-02-07 10:55:55

>>1

至誠塾っていう通信講座がすごくいいらしいよ

確か太気拳っていう拳法だったと思う。

50名無しさん@一本勝ち2010-12-30 23:48:06

_,.– .,_

_,i: ,,_ _,、i,_

i ! ・, ,・ :;!:i

‘i,!./-=-i_;!,’

,/”i,‾ノ入

,i’ ’!,`y`,i’ ’!,

.;, ,ッ||||||||iィ, ,;.

iリii|||||!||||||||i.

‘—’ ’ー’

でも、この絵の先生には、吹き飛ばされたんだって。いちどじゃなくて、何度も、何度も。

95名無しさん@一本勝ち2011-04-16 05:15:12

>>50

この人たちですか。

hhttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/sports/28642/1198513312/245

「某道場の方々は、

一度佐川氏のところに押しかけて行って様子を見たときに、

その大東流が明らかに古い伝統的な技術を受け継いでおらず、

偽物でインチキだと確信して帰った」

この「某道場の方々」ってのが、揃いも揃って合気の超達人らしいけど・・

116名無しさん@一本勝ち2011-04-17 08:11:29

>>50

平井稔先生だとやっと気がつきますた(笑

90名無しさん@一本勝ち2011-04-10 02:42:34

子供の頃、瞬間記憶能力があった。

今は無い。

記憶してる場面は今でも覚えてる。

どれもなんて事ない場面。

暇な時いつでも取り出せるアルバムのような物。

高校の授業中、暇すぎて取り出してみてたら、どの記憶も後ろにみの虫みたいなのが写ってた。

なんか怖くて、それきり出来なくなっちゃった。

102 ◆BgM4vQMRBo 2011-04-16 22:41:25

>>95

キチガイでしょ。

>甲斐武田氏の大東流は、

>1.『手乞』から発展した、源氏ゆかりの体術、

源氏って・・。

それから生体磁気の輩が数年前の佐川スレで暴れてたので

その人でしょう。

>じつは、古流としての、本来の大東流の合気柔術には、

>この種の『踊り効果』を経験的に取り入れて、脳を活性化し、

>『神通力』系の技が使える状態へと、師が弟子を誘導する稽古方法が存在する。

この辺で正体が見えてくるんじゃないですかな。

ヤマト流の当て字で大東流になっただけなのに本来の大東流なんて

文脈を使用すること自体がインチキですな。

103 ◆BgM4vQMRBo 2011-04-16 22:52:53

痴呆の伝承がおかしな流派は

神仏習合状態なんだと思いますよ。

そういった流派にとって佐川先生の存在は

厄介ですから。否定するか自分達より下におくのでしょう。

宗教では他宗の神を自宗で下位に置いて権威付けすることが

よくあります。

106名無しさん@一本勝ち2011-04-17 01:09:13

よく食べて、よく寝ることだな

1121012011-04-17 02:54:17

>>102

よく知らないんだけど

源義光って源氏じゃないん?

>>106

能力が出て来ると睡眠中足方向へ体がズレていかね?

地面を蹴る動作をしなくなるというか。

115名無しさん@一本勝ち2011-04-17 03:59:44

雑誌のインタビューを読んだ話です。

腰痛と肩こりを治す為に、カルチャーセンターで太極拳を習い始めた主婦の話。

始めて1年後には、腰痛も肩こりも治ったそうです。

更に2年後には、体質が変化して、別人のように健康になったそうです。

始めて5年後、完全な脱力体を身に付けたおばさんは、

重力が体の中心を貫くのを感じられるようになりました。

その日以来、おばさんは不思議な技が出来るようになりました。

どんな大男に腕を捕まれても、相手を床に転がすことが出来るのです。

相手は全く抵抗できないそうです。

天才ではない、普通の主婦でもこれ位出来ると言う見本で、我々鍛錬者に希望を与える話です。

1181142011-04-17 22:57:08

>>115

重力の貫通かー。

捨己従人では済まされない何かがそこにあるよね。

>>116

最強だねw

125 ◆BgM4vQMRBo 2011-04-19 00:33:30

その人は平安時代の人ですよ。

世の中にこれだけ捏造する人たちがいて、現代ですら

捏造が絶えないのに大東流だけが例に漏れず、

1000年以上前から伝わってる。そんなわけが

ありません。

1271262011-04-21 04:16:10

会話が続かねえな、2chはw

あのさ

潜在能力を扱うこのスレでまさか古流を知らずに読み書きしてるなんてこたあ無いだろうし

まあ私も大東流の専門でも何でもない訳だけど

大東流ってあまり型的な流派じゃないよね。

あまり長くない(一手がね)というか流派の色合いが薄いというか手順的じゃないというか

よく言えば高度で重要なエッセンス部分だけの集積体で

平たく言えば略式で極めの局面だけを集めたシンプルな体系だから(会派や手により微差?はあり)

中古から存続している可能性があってもいい。

シンプルなものほど伝わりやすいでしょ?

実際それこそ神道や密教の行法なんて口承や文献によると上古から不変に存続しているし。

上古と言やあ鹿島新当流だって開祖が鹿島中古流どころか上古流も家伝で学んでいるんだから

新当流に上古流が(当然)包括されていると考えれば現代まで上古流が伝わってることになるじゃん。

だから偉い人が本に書いてるから?ウチの流派だけはどうたらこうたらで

それに反する言動をする他派は怪しい、なんて宗教は簡単にゃ言えん訳よ。

まあ宗教でいいんならそれでいいけど、そうじゃないなら色々考えなきゃだね。

130 ◆BgM4vQMRBo 2011-04-22 16:06:47

>>127

当たり前ですが包括と伝承はまったく別ですよ・・。

先祖を辿れば皆同じ家系と同じ発想ですよそれ。

全ての武道は韓国発祥説とも同じ発想です。

即席の憶測はいいので勉強しましょう。

平安な時代はともかく各時代の開祖は技の局面を

発明したわけではないのです。

132本文が長すぎますってw2011-04-23 05:34:59

>>130

別に憶測ではなく鹿島新当流の開祖は(家伝の)鹿島中古流および鹿島上古流を学んでるよ。

で、新当流自体も現代なお伝承されている訳なんだよね。

ちなみに竹生島流なんて一流派で源平合戦の昔から続いているさ。

つまり技術ってのは古代から連綿と伝わりうるんだよ。

1331322011-04-23 05:41:17

よりシンプルな大東流が同時代から伝わりえないってことは無いだろうな。

あっ、各時代の開祖が技の局面を発明したとか意味不明な発言はしてないからよく読んでね。

大東流の開祖(?)が極めの局面を整理して流派として編纂したんじゃないかって話だから。

148名無しさん@一本勝ち2011-04-24 02:45:35

結局◆BgM4vQMRBoは何を捏造と言いたいのかわかりにくいな

惣角の主張(つまり名称が伝承されてきた)が捏造と言いたいのか

このスレの元の文(つまり源氏ゆかりの 体 術 )が捏造と言いたいのか

どうも前者の惣角の主張を捏造と言いたいようだが、それだと何故このスレでわざわざ書く?

150 ◆BgM4vQMRBo 2011-04-24 15:50:52

>>148

>何故このスレでわざわざ書く?

整理しましょうか。まず義光の件で因縁をつけてきたのはあちらです。

最初の私の意見は スレの元の文が捏造 です。イコール

惣角の言った始祖が源氏説も嘘ということになります。

大東流は惣角の創流で惣角は学んだものを使って一流派を作りました。

箔をつけるために開祖や先祖が源氏とするのは風潮としてあることです。

先祖が源氏だから開祖が源氏はナンセンスすぎます。

古代に柔術があろうがそれは単に柔術史であり

流派の祖にはなりえません。

124〜127辺りのレスのやりとりを見ると彼に創流の認識も相伝の認識も何もないことが

わかります。

146では創流は伝承でもあると屁理屈をはじめてしまいました。

極めつけの馬鹿さ加減として

>何時の間にやら大東流の名称だか読み方だかに論点をシフトさせようとしとる。

>>102の通り論点のシフトも何も

最初から私は大東流の読み方を話しています。

さて、これが彼が詭弁家の証拠になってしまいましたし

負けを認めない性格と見えます。これからは水掛け論となることが予想されるので

これにて義光始祖説のスレ違いの話は終わりますよ。

153名無しさん@一本勝ち2011-04-24 16:27:12

>>150

>スレの元の文が捏造

これは ど の 文 なんだ?

>始祖が源氏説

この文か?

>惣角の言った始祖が源氏説も嘘ということになります

なんで?

>>125の  >大東流だけが例に漏れず、1000年以上前から伝わってる。そんなわけがありません

が説明なのか?

>>127-137のやりとり見ても、オマエの言い分はあっさり否定されてるようだが。

167名無しさん@一本勝ち2011-05-01 04:21:47

ガウスと武田惣角って、似てないか・・?

ガウス

武田惣角

記憶力良すぎなとこも、そっくりだ

168 ◆BgM4vQMRBo 2011-05-01 12:17:18

>開流とその一代前で伝承が途切れている説が無から有説と指摘されてるんだよ。

はぁ・・。だから創流と言ってるのにあなたは何も理解してないでしょう。

創流が無から有なんてこちらは一度も言ってないし、説明もしている。

なぜあなたが勝手に妄想で作り出した概念をこちらが言ったことに

されなきゃなんないんだか。

頭が悪そうなので例に挙げて説明しとくと

柔道は嘉納治五郎翁の創流ね。それ以前からの伝承とは言わない。

天神真楊流や起倒流を学んだからといって伝承されたとは言わない。

これ常識です。一般社会ではね。

1691662011-05-01 16:00:53

>>167

巧いまとめ方だね。

>>168

今度は

>>133

読み落としてるよ。

1751702011-05-01 17:52:07

それは根拠とは言わないね。

直近の先代が全くの無史料なんて例すら

無数にあるから。

185 ◆BgM4vQMRBo 2011-05-03 00:27:03

下のほうは大東流ですけど・・。それを置いておいても

例示がわからない人が世の中にいるんですね。

例示がダメならあなたの言った鹿島の例示もダメでしょう。

もうとっくに話が破綻してるんですよ。

将棋で言うと詰んでいるのに気づかず認めず逃げ回ってる状態ですね。

そのうち盤をひっくり返えしたり番外に逃げたりするのでしょうか。

>>175は逃げ回って詰み状態から逃げてるのですが

>直近の先代が全くの無史料なんて例すら

>無数にあるから。

捏造を見分ける方法を放棄してしまってます。

ご自分で見分けられない能無しと宣言してしまっているようなものです。

1881832011-05-03 02:39:26

>>185

下のほうは源氏起源論なんて全く触れられていないけど。

源氏って甲州武田家だっけ?

あと骨法の義経創始説の史料はどこだい。

190 ◆BgM4vQMRBo 2011-05-03 03:12:49

義経→義光と本人が訂正している

わかりきったことを。

>>188

はぁ・・。文脈つかめてないね。あなたが>>183で>諸賞流ではなくて大東流だよ。

ときたから>>185で>下のほうは大東流ですけど・・。と返答したので

あってね。

本当に国語力の問題。最初からおかしな質問してくると思ってたが

ここまでひどいのか。

1961892011-05-03 20:00:49

>>190

文脈は源氏(古代)から大東流が続いてるかどうかだよ。

それに関して諸賞流なる意味不明の他流を持ち出すのもズレとるし

甲州武田家を持ち出すのはもっとズレとるって話だね。

210名無しさん@一本勝ち2011-05-11 10:59:07

>>209

その方法の基本は?

動きからなのか?

オカルト的なものなのか?

精神的に暗示を掛けるようなものなのか?

220名無しさん@一本勝ち2011-05-18 13:02:05

高校まで、ジャンケンするときに相手の手が額の前に赤い絵で浮かんでいた。

それを高校の同級生に言うとじゃあとみんなの前でジャンケンになって

七回連続で勝って確率的にありえないと言われた。

(1/2)^7=1/128

この力で、高校で成績順位が学年で下から8位だった俺は奇跡を起こした。

ちなみにこの時成績が下のものと友達になれそうな気がした。

担任に俺より常に会にいる七名を紹介してくれと頼んだ。

七名全員不登校の生徒だった。

泣いた。

俺はその時からこの「赤い映像の力」を使って

マークシート模試で偏差地30から75を叩き出す奇跡を起こし

センター試験でも九割の点を取り、旧帝に入った。

279名無しさん@一本勝ち2012-01-16 21:03:39

1.相手に好きに組ませる。

2.喧嘩組手にならないように襟と袖をつまむようにそっとつまむ。

3.相手が技をかけんとする刹那に先の先で技がとっさに出る。

柔道にて。合気道でも合気道家ならできるはず。

他の組技系でも才能があれば再現できるはず。

総合格闘技でも実践可能だろう。

280名無しさん@一本勝ち2012-01-16 22:02:41

>>279

「つまむようにそっとつまむ」ってw

295名無しさん@一本勝ち2012-01-29 11:43:26

>>280

>「つまむようにそっとつまむ」ってw

そう書かないとおまえら凡才はどうしたってつかんでしまう。

296名無しさん@一本勝ち2012-01-29 12:16:25

日本語がおかしいってことだろ

297名無しさん@一本勝ち2012-01-29 13:03:32

>>296

論点ずらすな。本筋本道を行け。

298名無しさん@一本勝ち2012-01-29 13:31:39

>>297

誤魔化すな

つまむようにそっとつかむ、なら日本語として正しい

またはそっとつまむ、でよい

310名無しさん@一本勝ち2012-01-29 18:48:34

>>295

確かにそうかも知れません。

「こう書かざるをえない」というのは、今回の場合に限らず、あると思います。

>>298

うーん・・・・  では「つまむようにそっと持つ」は、いかがでしょう。

これで誤読も避けられ、且つ正しいニュアンスが伝わるのではないでしょうか。

312名無しさん@一本勝ち2012-01-29 19:01:57

>>310

俺があれこれ考えて、いろいろな意味を持たせてあるんだから、

「つまむようにそっとつまむ柔道」でお願いします。

「つまむようにそっとつまむ合気道」の研究開発実践を合わせてお願いします。

>うーん・・・・  では「つまむようにそっと持つ」は、いかがでしょう。

これで誤読も避けられ、且つ正しいニュアンスが伝わるのではないでしょうか。

それだとどうしても「持つ」つまり「つかんで」しまうのですよ。

それでは「そっとつまむようにつまむ柔道・合気道」ははどうやったって不可能なのです。

本当に相手の道着を上下左右前後に動かさ「ないように」つまむだけなのですから。

そしてこれができないとその先はどうやったって無理です。

だから今まで発見されなかったのです。

俺が思いついて確信を以て実験したらたまたま昔のやわらの一つの側面が現れたのです。

313名無しさん@一本勝ち2012-01-31 18:43:13

>>312

「相手の道衣を上下左右前後に動かさないように—— 」というのは、素晴らしい発見ですね。

ひょっとしたら私の思っている、実践しているやり方と、同じかも知れません。

「相手の道衣を○○の○に○○ないように—— 」という方法なのですけれど、書けない部分が多く、申し訳ありません。(汗

勿論>>312さんの方法は、私の着想より遥かに深い、想像もつかないものである可能性のほうが、高いと思います。

やり方は(勿体ないので)明かして頂くわけにはまいりませんから、もしも宜しければその結果、

現段階で実践がどこまで進まれているか等を、教えて頂けないでしょうか。

私は去年半ばの時点で、90㎏の現役学生をバシバシ投げるまでは行きましたが、東海大の選手になると、まだ厳しいです。

盛らず、また卑屈にもならず、ありのままをお伝えすると、これが現状になります・・・・

324名無しさん@一本勝ち2012-02-05 12:21:11

あらそわないの、といた人…     「あらそう」 、それって人みてる。人じゃなくて自分

みる。自分観だすと、 ≪中心軸≫ あるの、気がつく。もともと自分に、あと人に、汚い

物無かったの、わかるんです…  こころ、すっごい安らぐよ。体もね…  中心軸、イイ♪

332名無しさん@一本勝ち2012-02-11 18:23:48

>>324さん、>>330さん、良ければ読んで下され。

私が他板の他スレに応募し、入選した作品です。

『柔術の達人』

hhttp://khmb.blog92.fc2.com/blog-entry-2237.html

作品と言っても、私のは実話です。

潜在能力とまでは行かないけれど、そういった方向性は持った、多少なりとも興味深い話ではないでしょうか・・・・

潜在能力にお詳しい(ひょっとして身につけた!?)お二人にも、全くつまらないという事は、多分ない話だと思います。

360名無しさん@一本勝ち2012-04-29 08:26:32

武蔵巨人症説は初耳だが、強さに関してはもっと上なんぞゴロゴロ居た。

それこそ>>332氏の書いている家系なんかには多いと思う。

その家系がどこだかは推測がつく。

一族で最も秀でたと言われる幕末〜昭和初期の御方などは武蔵や伊勢守なんぞ問題にならん。

1940年十歳で山に攫われた。山中で数十年仙人修行をさせられ帰ってきたのは何と明治になって。

山篭りの辛さを知ってれば解かるだろう。そこまで修行を積めば人はもう人間じゃなくなる。

食事中さりげなく針を投げ蝿を壁に縫い取ったりしたらしい。蝿のほうを見ることも無く。

立合いを見せたこともあったが足先で畳をチョイと返すだけで相手は煽られ宙高く舞った。いかなる武芸者も闘いと呼べるものにすらならなかった。

手違いで牢屋に入れられた時は鍵を開ける事も無くいつのまにか帰宅したそうだ。テレポーテーションすら使えたというわけだ。

後半生は道場に立てた六尺棒の上に坐り(この六尺棒はそれ単体では立てられなかった。宙に浮かんだ体で抑えていたのか!?)、

ただ瞑想しながら道場生の稽古を見守るだけだったと言う。

意拳の站椿のような修行に集約していた。

長大な人生の後半生数十年、一日中そうしていた。そして六尺棒の上で落ちずそのまま息を引き取った。享年97。

おそらくは表の武芸史、最強の人物であったろう。

なお平井稔は実子になる。平井家に養子に出された。神の子だったというわけである。

365名無しさん@一本勝ち2012-05-19 14:58:01

>>360

>なお平井稔は実子

平井先生の実父は誰なんですか?

平井家の養子なのは知ってましたが…

366名無しさん@一本勝ち2012-05-19 18:23:50

>>360

私が>>332を書いた者ですが、

一族に昭和初期、そのような「神」が居たなんて、存じませんでした・・・・

ビックリです。

日本の(表の?)武芸史では、佐川幸義の95歳が最高齢だと思っていました。

それなのに、それを上回る97歳が居たのですね・・・・

しかも佐川氏が(これは当たり前なのですが)晩年かなり体が利かなくなっていたのに較べ、

>>360さんの書かれた方は、そのお歳まで進化を続けたご様子です。(汗

上には上が居るのですね、驚きました。

何にせよ、視野を狭くしてはいけないのでしょうね・・・・

ちなみに私の知っていた限りでは、馬庭念流の樋口定嵩の、94歳、相当矍鑠、という例があります。

375名無しさん@一本勝ち2012-05-20 09:39:41

>>360

> 足先で畳をチョイと返す

畳はゾウが踏んでも返らんよ

家屋の解体現場を見たけどプレス機で畳の端を押しても返らない(真下へめり込むだけ)

北斗の拳のケンシロウがホアタアと突いても返らんと思う

本当に畳返しができたんならゾウやプレス機やケンシロウより破壊力ある

何百トンて世界だぞそれ

376名無しさん@一本勝ち2012-05-20 12:55:19

>>375

そう言えば武田惣角が佐川幸義に、

「畳返しは実在するのでしょうか」と問われ、「へだいなし言うな」と答えていましたね。

武田、佐川ほどの名人が否定しているのだから、(畳返しは)「無い」と考えるべきなのか。

潜在力をひらいた方たちにのみという条件で、「在る」と考えるべきか・・・・

383名無しさん@一本勝ち2012-05-26 16:41:51

>>376

「へだいなし言うな」は壁抜き(壁抜け)じゃないの

401名無しさん@一本勝ち2012-12-06 05:11:36

113 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2010/03/17(水) 14:09:53

無教養、出自の低いものの方が実は強いと必死に思いたい白馬さん。

NHKでトップアスリートの能力分析の番組やっていたよ。

ボクシングチャンプ、首位打者、その他世界トップの分析。彼らに共通しているのは

「相手がこうしたらこうやるとかまったく考えてない」って言うこと。

じゃ、ただやみくもなのか?って言うとそうじゃない。

解析だと彼らは小脳を究極に使っていた。ふつうは大脳からの命令で筋肉を動かすが

これだと反応時間に限界がある。近年陸上のスタート号砲で人間の反応スピードの

限界を超える選手が出てきて何故か問題になっていたがこれも小脳の活動のせいだった。

つまりすさまじいトレーニングや稽古を積むと「こうきたらこうして」なんて考えないでも

体が反応することが明らかになった。本人の自覚なしに体が小脳からの命令で反応するということ。

古来達人が逆説のように「ただ夢中になってなにがなにかわからないだけですよ」

と言うのは実は大脳でなく小脳で反応していると言う意味だった。

この小脳反射を可能にするのはひとえに {すさまじい練習量}なんだとさ

565名無しさん@一本勝ち2013-12-17 20:12:39

>>401

>近年陸上のスタート号砲で人間の反応スピードの

限界を超える選手が出てきて何故か問題になっていたが

俺、それ。

体育で必ずフライングをとられる。

402名無しさん@一本勝ち2013-02-02 15:20:30

李青鵬はマスの頭跳び越してたがあれってホントに出来んの

408名無しさん@一本勝ち2013-02-03 19:31:30

>>402

宙返りをすれば上へも遠くへも飛距離が伸びると言われますが・・・・ (だから競技ではこの跳び方は反則

事実、雑技団はこれで大変な高さを跳んだりします。

しかし戦闘中に出来るかと言うと、微妙なところですね

「李青鵬」ですか、調べてみます。

403名無しさん@一本勝ち2013-02-02 16:15:59

植芝盛平。

弾丸が見えた。戦場で白い光の粒が向かってくると思い避けたら銃弾だったと言う。

戦時中砲兵官五人に銃を撃たせ当たらなかった。

アスリートが極限状態で入るゾーンと呼ばれるトランス状態。

それのようなもんだったんじゃないか?

411名無しさん@一本勝ち2013-02-03 19:56:04

>>403-407

私の調べたところでは、その逸話の原型は起倒流柔術の加藤有慶に見られます。

弓道場は射手から的までの距離が25メートルとられます。

ある時、名人として知られる加藤(有慶権右衛門正隆)が弓の挑戦を受けました。

的の位置に正隆が立ち、射手が撃とうとします。

しかし矢は発射される前に、どうしたものか必ず、いつのまにか傍に立つ正隆の杖で「カン!」と叩き落とされてしまう。

「鉄砲でも同じだ」

言葉通りに、今度は鉄砲が試されたものの、いつのまにか傍に立つ正隆に叩き落とされる。

一種の幻術、今で言う催眠術のようなものでしょうけれど、いかにも昔の言い伝えらしい、不思議な話ですね・・・・

431名無しさん@一本勝ち2013-02-08 00:23:23

>>402>>408

先生、李青鵬の若き日の演武映像を入手しました押忍!

hhttp://www.youtube.com/watch?v=vWkqjyngyug

460名無しさん@一本勝ち2013-02-14 16:07:22

>>411

そういうものを「心法(しんぽう)」といってちゃんと古流にあるちゃんとしたものです。

418名無しさん@一本勝ち2013-02-06 21:28:44

私が潜在能力へアンテナを張るのを怠らない理由

それは只管「恐怖」です

潜在能力への恐怖

なぜ恐怖をおぼえるかと言えばそれは経験があるからですが(被害経験)、心の整理がつけばお話しします

420名無しさん@一本勝ち2013-02-06 22:08:00

>>418

失礼な事を聞きますが、それは他者に対してですか?

それとも潜在能力の制御にたいしてですか?

私は、師の教えを守らず洪家拳と三戦の遣りすぎで

潜在能力が目覚め心身共に壊した経緯があります。

現在の師によって初めから、やり直してる最中です。

421名無しさん@一本勝ち2013-02-06 23:09:14

>>420

他者の恐怖です

情けない話ですが・・・・

「潜在能力が目覚め」

凄いですね!

話者ご自身が潜在能力をひらいた例は、掲示板で初めて見ました。

もしもお時間がとれれば、制御不能に陥った恐怖譚(まるで原発のようだ・・・・ )をお聞かせ下さい。

話しにくい内容でしょうけれど、興味があります。

ほんとにお時間があればでいいので、お願いします。

439名無しさん@一本勝ち2013-02-09 02:41:40

>>420

> 洪家拳と三戦の遣りすぎで

それって洪家拳と剛柔流か上地流の三戦をやったという意味なんか?

それとも洪家拳の三展の事?

422名無しさん@一本勝ち2013-02-06 23:56:05

>>421

潜在能力の目覚めた事での成果に関しては、

超能力板の話になってしまうので控えさせて頂きます。

>制御不能に陥った恐怖譚

丹田が振動して得も言われない感覚が上ってくるようになってから

吐き気と下痢が止まらなくなり、食事も取れなくなりました。

同時に背骨が熱くなって、のぼせるようになって周りの人の声が

寝てる時以外聞こえるようになって仕事や修練に支障がでました。

425名無しさん@一本勝ち2013-02-07 17:59:12

>>422

そんな状態になる事があるんですねェ・・・・

驚きました。

私の知る「潜在能力」とは大分異なるのですが、勉強になります。

「周りの人の声が—— 」というのは、聴覚が恐ろしく敏感になるという意味でしょうか?

426名無しさん@一本勝ち2013-02-07 19:08:59

>>425

>聴覚が恐ろしく敏感になるという意味でしょうか?

それも在りましたが、声と言うのは思考のほうです。

448名無しさん@一本勝ち2013-02-11 19:02:18

>>426-428

> テレパシー

この本みたいな感じ?

テレパシー能力者の世界

//www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/4-8355-3390-9.jsp

著者はユリゲラーのTV番組を見てテレパシーが開かれた様子。ID:GxQUKISV0も人に開いてもらった?

437名無しさん@一本勝ち2013-02-09 02:19:36

ID:yvhqS1Y/0さんは、

その様に教育を受けその様な方々を見たのも事実で辛かったでしょうね。

ですが、オカルティストを常に疑っても良いんですよ、私も含めて。

否定せずに疑っていれば本当のオカルト&武術家に出会えます。

私が現在の師に出遭ったように少ないですが良識在る本物が居ます。

ID:yvhqS1Y/0さんにとって、良き師と出会えますように。

443名無しさん@一本勝ち2013-02-10 01:16:22

>>437-438

お心遣い有難う御座います

>>437-438さんは生来的な資質のようなので、オカルティストという印象ではないですね

やっぱりそういう人じゃないと信用出来ないのかなと思ったり

嘘は環境などによって特に子供の頃は使わざるもえなかったりしますよね

小六の時とても背の高い女子が転入してきた

容姿も良かったので男子児童に体の事を聞かれまくってた

デリケートな年頃ですから当然嘘を言わなければならず、ああいうの見ると、嘘の本質は「つかされる」なのかなと振り返って思う

霊感というのも興味があります、良ければお話聞かせて下さい

440名無しさん@一本勝ち2013-02-09 03:07:54

>>439

洪家拳と上地流の三戦です。

ですが、上地流の方からは変わった呼吸を教えられました。

442名無しさん@一本勝ち2013-02-09 04:00:20

>>440

了解

447名無しさん@一本勝ち2013-02-10 20:30:43

>>443

>霊感というのも興味があります、良ければお話聞かせて下さい

世間一般の方が想像するような能力です。

霊を視える話せる。予知やオーラが見えたり変わった少年でした。

現在は、霊感のお陰で相手の打撃や動きの軌道が先に見えます。

451名無しさん@一本勝ち2013-02-11 22:51:08

>>447

「予知」

今年になり、幻の魚と言われたリュウグウノツカイ(十数年に一匹くらいしか本来獲れない)が、

中国地方に次々打ち上げられています。

二年前の3月4日、遠く鹿島沖に、イルカが大量に打ち上げられました。

とても不吉な、恐ろしげな兆候に思えてしまい、予知等、自然への気の配りが、

今こそ私自身にも求められている気がしてなりません・・・・

452名無しさん@一本勝ち2013-02-11 22:56:06

>>448

そんな本が公刊されて・・・・

昔、仙道というのに嵌った知人が、「思考が読まれている」と主張してました。

その人は借りた本を返さなかったり、人間性がイマイチだったので、主張も正直信じられなかった・・・・

まァ機会があれば読んでみます。

454名無しさん@一本勝ち2013-02-12 18:31:53

本日午前、日本海に面した国が核実験を強行しました。

昨夜>>451に書いた、リュウグウノツカイの相次ぐ打ち上げは、まさかこれを予知していた!?

日本海に核爆発による地震波が観測されたそうです。

大事にならなければ良いのですが・・・・

462名無しさん@一本勝ち2013-02-14 21:13:50

>>460

心法だとは思います。

ただ、25メートルも離れていて、果たして掛かるものか・・・・

私が小四の時テレビで観た催眠術師は、距離があると掛けられませんでした。

無論、催眠術にも段階があるのでしょう。

「心法」とまで呼べるほど高められたそれは、レベルが違うのだとは思います。

しかしそれでも、限度というものがある・・・・

25メートル離れた的の位置に立ち、射手を幻惑する事が出来るかと言うと、う〜ん・・・・  と考えてしまうのです。

催眠に掛け、スタスタと25メートルを歩いてくるまで射手並びにギャラリーに気づかせないなんて事が、果たして可能なのかと・・・・

477名無しさん@一本勝ち2013-02-17 22:05:47

こういうスレのヤツはしょぼいなあ

本当にしょぼい

黒田とか高岡とか動画みたけどしょぼい

てかなんでそこなの

上の柔道の話しもしょぼ

しょぼいとわかってて黙って聞いてる奴もいるんだろうが

もっと注目すべきなのがいるだろ

注目できないからヘンテコな方向にだけいくんだろうなあ

こう書くだけでもヒントになるからいやだけど

478名無しさん@一本勝ち2013-02-18 01:48:08

>>477

苦言ありがとうございます。

私や師を越える素晴らしい覚醒体現者なんですね。

572 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(3+0:8) 2013-12-18 12:52:55

>>460

たしかに古流の心法のようですね。

>>462

古流の心法は

あなたや一般の方々が

フィクションを基準に想像するより

奥が深いですよ。

>>465

その程度は古流柔術では野稽古や野試合でやりましたよ。

>>489

上述。

システマより日本古流柔術がまさる面もあります。

システマの母体は日本古流柔術母体ですから。

526名無しさん@一本勝ち2013-03-16 03:09:14

>>523

「幼児期にして石臼を引き摺る」

えっ・・・・

そこまで凄い人だったのですね。

筋肉が際限なく発達してしまう病気に、ミオスタチン関連筋肥大とアクロメガリーがありますけど、平井先生は前者だったのでしょう。

548名無しさん@一本勝ち2013-11-11 22:54:52

スレッドの趣旨は方法論なんだがズレテるね。

ネタ投下

フィンスイミング始めたら武術の技が変わった。

5525472013-11-17 22:27:28

站木庄で水中感が出てくると突然の事にも対処できるね。

その水空間に触れるから。

559名無しさん@一本勝ち2013-12-06 19:54:27

>>548

どう変わりました?

興味があります。

>>552

站椿は別々の動作を同時に行うという特徴が、

脳梁を鍛える理想のトレーニングになってますね。

567名無しさん@一本勝ち2013-12-17 23:04:18

>>565

体育じゃ機械計測してないだろ

単に先に動いてるんだよ

566名無しさん@一本勝ち2013-12-17 20:13:50

>>401

練習量じゃない。

毎日、効率、標的。

これで小脳に刷り込むことができることが最近研究機関でわかった。

568名無しさん@一本勝ち2013-12-18 02:54:22

練習しかないですね。

実は誰でもウサイン・ボルトになれるんですよ。

只その遺伝子を引き出すのに数百年かかりますが。

一生のうちどれだけの才能を遺伝子から引き出せるかは何とも言えませんが

やはりそれは練習しかないという事ですね。

575 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(2+0:8) 2013-12-18 20:10:17

>>567

>単に先に動いてるんだよ

>体育で必ずフライングをとられる。

>必ず

数回フライングを取られて

一緒に走る同級生がかわいそうなので

わざとワンテンポおいてスタートする事になります。

>>568は詐話師

581名無しさん@一本勝ち2014-01-01 21:47:30

型稽古でもいいから一人で出来る事ないですかね?

586名無しさん@一本勝ち2014-01-29 16:53:53

>>581

小周天かクンダリーニヨガでもやってみたら?

失敗すると>>422みたいな偏差に陥るけどね

587名無しさん@一本勝ち2014-01-29 23:00:38

>>586

自己解決したから。

さようなら〜

598名無しさん@一本勝ち2015-06-06 03:03:50

1960年、北海道の小さな町に、としとらない女のひと、生まれた…  ことし55ぐらい。

__ ,,, __

i||||||||||||||i

||||||| _,||||||          ← みため20

‖!':' り|

‖! |t‾ィ||||゛

ノノノ_ィ||, ,j|||ii,

(|||||||||||:|||

j:|||||||||||:|||

u|||||||||||||u

j|||||||||||||||

|||||||||||||

||||||||||||

|||||||||||

||||||||||

i神i神!

3つでもう、おとなの教養あった。誰にもなにも、おそわんないのに…  小学校あがって

すぐ、授業中、もうひとりの彼女が、あるきだす。教室いるのに、町でひとり遊んでたり…

人々に目撃され、気味悪がられて、町住めなくなる。小3とき、家族は関西引っ越した。

606名無しさん@一本勝ち2015-06-25 01:11:20

__ ,,, __

i||||||||||||||i

||||||| _,||||||          ← この人

‖!':' り|

‖! |t‾ィ||||゛

ノノノ_ィ||, ,j|||ii,

(|||||||||||:|||

j:|||||||||||:|||

u|||||||||||||u

j|||||||||||||||

|||||||||||||

||||||||||||

|||||||||||

||||||||||

i神i神!

612名無しさん@一本勝ち2015-07-18 06:31:29

>>598

>>606-608

北海道人は見た目が若いんじゃないですかね??

全員がとは言いませんが、一部の北海道人は。

北海道からは、ある有名な伝統武術の大家を絞め落とし、のち満州へ渡り財を成した、武人が出ました。

そのかたは男性なのに、65歳のお写真が、頭髪の量、まるでヘルメットのようでした。

昭和末期、なんと99歳の時点で、東京の板橋という地に健在だった足取りが、判っています。

見た目の若さとご長寿が、一部北海道人の、生物としてどこか遺伝子レベルのちがいを、思わせたものでした。

僕は先月五日、32になりましたが、希に30、ごくごく希に28くらいに間違われます。

これまでの様々な工夫が、この驚異の若さを創ったのかと思うと、嬉しくて、ついこのように自慢してしまいます。

607名無しさん@一本勝ち2015-06-25 01:13:29

__ ,,, __

i||||||||||||||i

||||||| _,||||||          ← 裸んなっても、ハタチの体…

‖!':' り|

‖! |t‾ィ||||゛

ノノノ ィ !; ゛-.,_

(・ (: ・ i i

j | ;   😐 |

u| i,  ,ノ u|

| ゛雫゛  /

|  |   .|

|  |  .|

| |  |

| |  |

ィ_,ィ_,,_)

614名無しさん@一本勝ち2015-08-06 06:24:46

>>607

オッパイが無く毛も生えないまま、幼女の体で時間を停められないの?

__

_ェニ○//ハヽ○ニェ_

Y彡//ハVY

[レ ^、^ レ]

゛| ▽ |ノ

` ┐´|__

「 ` ´  |

| | .: . | |

| |     😐 |

ノ゛4 ・ ゛゛||

,ノ ノ|  、 |゛|

ィ゛ュノ ゛| ‘┼’゛ |L_゛_ュ

| | |

| | |

|  | |

|  | |

|  |  |

ィ_、ィ゛_、,_)

621名無しさん@一本勝ち2016-03-24 11:18:31

手太陰肺経と任脈は、北冥神功の根源なり。

気を丹田から長強へ 腰兪 腰陽関 命門を通り、

懸枢 中枢 筋縮 経渠 風池に至る。

親指の少商穴と胸の胆中穴を用い、敵の内功を奪うべし。

人には四海あり。

胃は水穀の海 衝脈は十二経の海 胆中は気海 脳は髄海なり。

北冥神功って出来れば良いな〜!って思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする